【夢占い】火事の夢はどんな意味?火の燃え方によっては吉夢?家事にまつわる夢占いを徹底解説!

【夢占い】火事の夢はどんな意味?火の燃え方によっては吉夢?家事にまつわる夢占いを徹底解説!

何故か知らないけど、自分の家や近所が火事になっている夢を見た…。このような経験はありませんか?いくら夢の中といっても、火事になる夢を見たら寝覚めが悪いですよね。では、火事の夢には一体どういった意味が込められているのでしょうか?夢占いで詳しく解説していきます。

【夢占い】火事の夢の基本的な意味

まず、基本的な火事の夢の場合、あなたと周囲の人間関係をあらわしています。火は大きい小さいにかかわらず、色々なところを照らしますよね。つまり、今あなたと周囲の人間関係に何かしら起こることを暗示しています。火の勢いや煙の色によって、意味は若干異なってきます。それでは詳しく見ていきましょう。

火の勢いや弱く、暗い煙が出ている夢の場合

火の勢いが弱く、暗い煙が出ている夢の場合は体に異常をきたす可能性がある・周囲の人間と何かしらのトラブルが起こるという意味です。必ずしも現実でそうなるとは限りませんが、なにか心当たりがあるなら事件が起こる前に対処しておいたほうがいいですね。

火の勢いが強く、明るい煙が出ている夢の場合

逆に火の勢いが強く、明るい煙が出ている夢は、あなたやその周囲の人々に何かしら良いことが起こる・あなた自身に近い将来何か起こることを意味しています。今は辛くても、そのうち良いことが起こる可能性が高いことを暗示していますので、吉夢と捉えていいでしょう。

火事になったけどボヤだった夢の場合

先述のとおり、夢占いにおいて火事の夢は、火の勢いが強く明るい煙が出ている夢ほど吉夢です。そのため、火事にならずにボヤ騒ぎで終わった…という夢を見た場合、現実世界ではホッと一安心するところですが、夢占いでは真逆。良くない夢・凶夢と捉えた方がいいでしょう。過度に不安やストレスがある精神状態や、あなたにとって良くない出来事が起こるサインかもしれません。

【夢占い】火事から逃げる夢の意味

火事から逃げる夢は、「ストレスなどから逃げたい」という意味です。実際に火事が起きると、火が燃え移るのが早いためさっさと逃げたいという心理に陥りますよね。火事から逃げる夢は、無意識に心の奥底に溜め込んでいたストレスなどから早く逃げたいという心理を表しています。何度も何度も火事から逃げる夢を見る場合、相当ストレスがたまっている可能性が高いです。一度思い当たる節がないか確認してみましょう。

【夢占い】近所の家が火事になる夢の意味

近所の家が火事になっている夢は、「周囲で起きている問題の対処」を意味します。近所の家とは、今あなたが属しているところ(コミュニティ)を指します。職場や友人グループ、家族、趣味仲間などですね。しかし、コミュニティに属していると様々な問題が起こります。自分に火の粉がかかってこないか心配で、ストレスになっている人も多いのではないでしょうか。近所の家が火事になっている夢は、そういったストレスが具現化されたものなんです。
ただ、近所の家が勢いよく燃えているような夢の場合、今抱えているストレスは解消されることを暗示しています。逆に近所の家で火事が起きているのに、いつまで経っても逃げない、火事自体がボヤである夢の場合、まだまだコミュニティでの問題が長引くことを暗示しています。
つまり、あなたの中で小さなストレスが徐々に積み重なっていくということでもありますので、早急にそのコミュニティ内から脱出するか、少し様子を見てストレスをうまくコントロールするようにしましょう。

隣の家が火事になった夢の場合

近所の家が火事になった夢の中でも自宅の隣の家が火事になった夢は、自分に近い存在の誰かに対する、あなた自身の強い怒りの感情を意味しています。隣の家が火事になった夢を見たときは、あなたの周囲で起こっているトラブルではなく、あなた自身がトラブルの渦中に居たり、これから何らかの災害に巻き込まれてしまう可能性があります。隣の家の火事の勢いが強ければ強いほど、あなたが感情的になるというサインです。何が起きても落ち着いて冷静に対処するようにしましょう。

近所だけど全く知らない人の家が火事になった夢の場合

近所の家が火事になった夢の中でも、全く知らない他人の家が火事になった夢を見たときは「自分は関係ない」と思いつつも何かしら気になっていることがある、不安に思っていることがあるなど、あなたの深層心理が夢に表れていると言われています。近所の知らない人の家が火事になっている様子を眺めている夢の場合は、そのときのあなたの感情が深層心理です。例えば、「自分も気を付けないと…」「自宅にまで火が回ってきたらどうしよう…」という夢の中でのあなたの感情は、現実世界のトラブルに対するあなたの感情そのままと捉えていいでしょう。

【夢占い】火事を起こす夢の意味

火事を起こす夢は、「失敗やミスから逃げたい」という心理を表しています。ちょっとしたミスや不注意を大げさに考えてしまい、不安になってしまう・もしかしたらまた同じ失敗をするかもしれないという不安が、「火事を起こす夢」として具現化したのです。失敗やミスをしてしまうのは仕方がありません。大事なのは、二度と同じ失敗をしない、時には勢いで行動することです。逃げ腰にならず、重大な局面では己を信じよという潜在意識からのメッセージでもありますので、悲観的にならず前向きに行動していきましょう。

【夢占い】父親や母親の家が火事になる夢の意味

父親や母親のいる実家の家が火事になる夢は、「運気の上昇」を意味しています。不吉な意味ではなく、実家にいる父親や母親が何かしらの成功をおさめるということを暗示しています。ですので、そう不安がらなくても大丈夫です。実家が豪快に燃えれば燃えるほど、良いことが起こりやすくなるという意味なので、あまり不安がらないでくださいね。ただ、黒い煙がくすぶっている・焼け跡などの夢を見た場合は要注意です。黒い煙がくすぶっている夢は、「突発的なトラブル」を意味します。近い将来実家で何かあるかもしれないので、定期的に顔を見せにいったほうがいいかもしれません。
実家が焼け跡になった夢は、家族の病気やトラブルを意味します。凶夢なので、こちらの夢を見た場合も家族に何か変わったことがないか聞きに行ったり、定期的に顔を見るようにしましょう。

【夢占い】キッチンで火事が起こる夢の意味

キッチンが火事になる夢は、「金銭の困窮」を意味します。キッチンは水回りの場所で、ここでなければ料理をしたり洗い物とかはできませんよね。人間が生活していく上で一番大切な場所です。ここが火事になるということは、近い内に金銭的にも困窮することをあらわしています。このような夢を見た場合、なるべく早めに貯金をするなどして緊急時に向けて対策しておきましょう。

【夢占い】火事の煙だけを見る夢の意味

火事の煙だけを見る夢は、「先行きがたたない・見通しがたたない」という意味です。白い煙・黒い煙ともに不完全燃焼に近いため、漠然とした悩みを解決出来ないため精神的に苦しい状況を暗示しています。

火事に関する夢の中でも、煙は凶夢と言われています。ただ、この先何か悪いことが起こるというわけではなく、今ある状況が苦しい・ストレスが溜まっていて身動きが取れない状態を指しているだけです。もし悩みすぎて苦しい場合は、友人や家族、公的機関などに相談をし、自分自身もリフレッシュするなど対策を取りましょう。

【夢占い】電子レンジが原因で火事になる夢の意味

電子レンジが原因で火事になる夢は、「情熱過剰に注意しろ」という意味です。電子レンジは確かに便利な道具ですが、一度メンテナンスを怠ると火事の原因にもなります。電子レンジから火が出ることは、情熱的になりすぎているというサインです。やる気を出しすぎるのはいけない・もっと冷静になれというメッセージでもありますので、一度落ち着いて物事を判断していきましょう。

【夢占い】火事で宝くじが焼けてしまった夢の意味

火事になって、せっかく買った宝くじが焼けてしまった!「当選してたのに~」という夢をみたのなら、それは金運がアップするという意味です。火事の夢を見て宝くじが燃えた!というときは、その炎が大きければ大きいほど、宝くじに当選する暗示だと言われています。

【夢占い】火事の焼け跡を見た夢の意味

夢占いにおいて火事の焼け跡を見た夢は警告夢と言われています。火事の焼け跡はそこにあったものが燃えた後にできるもの。あなたの生活や精神状態を変えるほどの影響力を持った何かが起こるという意味です。あなたの状態が大きく変わるサイン、または、今の現状を変えたいというあなたの深層心理が夢に表れる場合もあります。何度もご説明していますが、火事になる夢は火の勢いが強ければ強いほど吉夢、火の勢いが弱い又はボヤで合った場合は凶夢です。火事の焼け跡だけが夢に出てきて、火は見えなかった…という場合はさらに注意が必要でしょう。自分自身の健康状態や精神状態、揉め事を抱えていないか?など、自分の状況を1度よく見返すようにしてください。夢で見た焼け跡が自宅の焼け跡だった場合は、自分だけでなく家族の状態も気遣うようにしましょう。自分の生活範囲ではない場所、知らない土地や街の焼け跡が夢に出てきたという場合は、変わりたい、リセットして新しいことを始めたいというあなたの深層心理が表れている可能性が高いでしょう。この場合はチャンスだと捉え、積極的に行動してOKです。

火事の焼け跡を見て後悔した夢

火事の焼け跡を見たときの感情も夢占いにおいては重要です。夢の中で火事の焼け跡を見て悔しい、なんでこんなことに…という気持ちになったという場合は、現実世界でも何かに後悔しているはず。特に火は強いパワーや感情、怒りや情熱を表すとされています。火事の焼け跡の夢は、現実世界では感情的に怒りを爆発させた後というイメージです。火事の焼け跡を見て後悔した夢を見たときは、現実世界でも何かトラブルを抱えていないか?それによって感情的になってしまっていないか?など、自分自身を振り返ってみるといいかもしれません。

火事の焼け跡を見て悲しんでいる夢

火事の焼け跡を見て悲しんでいる夢は、何かを乗り越えて再スタートできる兆しがあるという意味です。例えば、失恋した後で火事の焼け跡を見て悲しんでいる夢を見たという場合、失恋を乗り越えて新しい恋を始める時期が来ましたよというメッセージが込められています。辛い別れを経験したという人は、この夢をきっかけに失恋を乗り越えられたり、新しい出会いがあったりと、いいことが起こるかもしれませんね。

【夢占い】火事の消火活動をする夢

火事の夢占いにおいて、火は強い感情やパワーを象徴するものとされています。そのため、火事の消火活動をする夢は、感情が落ち着くという意味です。また、長い時間かけて火事を消火した夢を見た、消火活動だけが夢の中に出てきたという場合は、気分が落ち込む、やる気がなくなる、体調を崩す…などのサインですので注意しましょう。自分が火事を消火したという場合は、自分で自分の感情がコントロールできている証拠。精神的に安定した状態を表しています。

【夢占い】火事で火傷をしてしまった夢

火事で火傷をしてしまった夢を見たときの夢占いは、その火傷が痛かったかどうかで意味が異なります。火事で火傷をしてしまって痛いという夢を見たときは、何か良くないことが起こるサインです。予期せぬ災害やトラブルに見舞われる可能性がありますので、よく注意するようにしましょう。火事で火傷をしたときの傷が痛ければ痛いほど、トラブルや災害の規模、あなたが受けるダメージは大きいと言えます。逆に、火事になって火傷してしまった夢を見たけど、全く痛くなかったという場合は吉夢です。あなたに幸運が舞い込んでくるかもしれません。火事で火傷したけど痛くなかったという夢を見たときは運気が上昇傾向にありますので、例えば仕事で評価される、就職が決まる、入試試験に合格する、宝くじが当たる…など、いい出来事が起こる前兆ですので楽しみにしていてください。

最後に

今回は、火事に関する夢占いについて解説していきました。火事の夢は、炎が勢いよく燃えていたりすると吉夢になります。しかし、煙が出ていたり、全焼するぐらい燃える夢の場合は何かトラブルが起きるかもしれないという警告夢である可能性が高いです。火事の夢を見た場合、炎の大きさや勢い・煙の色などをよく見ておきましょう。

関連記事

【夢占い】元彼が出てくる夢の意味とは?復縁もある?...

ヤフートラベルをもっとお得に!ヤフートラベルの割引クーポン・クーポンコ...

クーポンコードとは何?上手に利用してお買い物をしよう!ニトリやガスト、...

Kyashリアルカードはどのポイントサイト経由がお得?使い方やキャンペ...

DMMポイントを無料で稼ぐ最強の方法!今なら1,000円分のポイントが...