キャッシュレスの5パーセント還元っていつまで?還元方法と仕組みについて

キャッシュレスの5パーセント還元っていつまで?還元方法と仕組みについて

2019年10月から消費税が10%増税となるのと同時に、最大5パーセント還元されるキャッシュレスポイント還元が始まりましたが、皆さんは利用できていますか?今回はそんなキャッシュレス5パーセント還元はいつまで行われるのか、どうやったら還元されるのかをご紹介していきます。ぜひ、5パーセント還元の仕組みを知って、お得な生活を送っていきましょう!

キャッシュレス最大5パーセント還元はいつまで行われるの?

キャッシュレスの最大5パーセント還元は2019年10月から始まりましたが、5パーセント還元はいつまで行われるのか知らない人もいるのではないでしょうか。
キャッシュレス最大5パーセント還元は、2019年10月1日から2020年6月末日までの9か月間行われることになっています。とはいえ、政府はキャッシュレス最大5パーセント還元事業に対して予算を定めていると言われています。そのため、政府が準備している予算を上回った場合は財源不足で期間が早められる可能性もあるので、注意しておきましょう。

キャッシュレス最大5パーセント還元はいつ還元される?

キャッシュレス5パーセント還元対象店舗でキャッシュレス決済を行った場合、ポイント還元は手元にいつ入ってくるのか気になる方もいるのではないでしょうか。
キャッシュレス決済によってポイント還元される時期ですが、決済事業者によって全く違ってきます。その場ですぐに5パーセント還元(決済金額が5パーセント割引になる)こともあれば、次の日に電子マネーとして還元されたり、3か月経ってやっとキャッシュバックされたりすることも。各決済事業者によって還元される時期は異なってきますから、自分が利用しているキャッシュレス決済手段の事業者の還元時期を確認しておきましょう。

キャッシュレス5パーセント還元で戻ってきたポイントはいつまで使えるの?

キャッシュレス5パーセント還元ですが、各キャッシュレス決済事業者によって還元されるポイントにも有効期限があることをご存知でしょうか。そのため、還元されたポイントは有効期限以内に利用しないと失効してしまいます。
5パーセント還元されたポイントの有効期限ですが、還元される時期と同様に各キャッシュレス決済事業者によって異なります。そのため、利用するキャッシュレス決済手段ではどのように還元されるのかを確認しておきましょう。
ただし、還元されるポイントが電子マネーとして還元される場合は例外です。電子マネーのチャージ分として5パーセント還元されるときは、電子マネーは現金と同様の扱いとなるので有効期限はありません。

キャッシュレス5パーセント還元には金額の上限があるの?

キャッシュレス決済を行う上で気になるのは、還元される金額には上限があるのでは?ということではないでしょうか。政府が提示しているキャッシュレス還元制度では、上限金額は設けられてはいません。ただし、各キャッシュレス決済事業者ではポイント還元される金額に上限を設けているところがほとんどです。
上限金額に関しては、それぞれの事業者によって違ってきますが、いずれの場合も不正防止のために上限を設けているようです。1回あたりの還元対象金額の上限を定めていることもあれば、1か月単位などの一定期間の上限額を設けているので、使うキャッシュレス決済での上限を確認して利用しましょう。

5パーセント還元のレシート表示はどうなっているの?

キャッシュレス決済を用いて買い物をしたとき、5パーセント還元のレシート表示はどうなっているのだろう?と気になる方もいるのではないでしょうか。
スーパーなどのレシートでは、キャッシュレス決済事業者や利用する店舗によって、レシートにキャッシュレス還元額が記載されているものもあれば、全くポイント還元についての表記もないものもあります。5パーセント還元のレシート表示は、すべてのレシートに浸透しているわけではないので、どのくらいの金額が還元されているのか確認する際は、ご自身が使われているキャッシュレス決済会社経由で確認する方がよいでしょう。

5パーセント還元はどのお店でも行われているの?

キャッシュレス還元事業による5パーセント還元ですが、どのお店でも利用できると考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、実際に5パーセント還元の対象となってくる店舗は、中小企業と大企業のフランチャイズ店などに限定されています。地方のスーパーの場合、会社が中小企業扱いになっている場合は、5パーセント還元のお店になっていることが多いです。また、小さな店舗であったとしても、5パーセント還元加盟店舗に申請していない限り、還元対象になりません。ただし、中小企業は5パーセントの還元対象となっているのですが、大手企業のフランチャイズ店の場合は、2パーセントの還元率となっているので注意が必要です。
対象店舗であるかどうかは、店頭入り口やレジ付近に5パーセント還元対象店舗のシールやポスターで確認をするようにしてくださいね。

5パーセント還元はタバコやお酒でも適用されるの?

タバコやお酒といった嗜好品でも5パーセント還元が適用されるのか気になる人もいるのではないでしょうか。特にタバコはどの店舗でも基本的に定価販売されているので、少しでも安く買えたらいいなと考えている方もいることでしょう。
実はタバコもお酒も、ポイント還元対象店舗で購入するのであれば、5パーセント還元または2パーセント還元で購入することができます。さらに、雑誌もポイント還元対象となってきますから、還元事業対象店舗であれば従来割引がなかった商品を安く購入することができますよ。

最後に

キャッシュレス還元事業がスタートして2か月以上経ちましたが、まだまだキャッシュレス決済を使いきれていない人も多いのではないでしょうか。確かに対象店舗が限られていたり、店舗で決済手段が限定されていたりと、利用しづらい反面もあります。ですが、現金で支払うよりもお得に購入することができますし、タバコやお酒といったものまで還元対象となっているので、これを機にぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Tinderの退会方法は?アカウント削除後、復活できる?登録方法から設...

遅刻する夢を見たら?学校や会社に遅刻する夢の夢占いでの意味とは!?...

はま寿司のクーポン入手方法って?お得なはま寿司クーポンの使い方...

ティップネスの退会方法は?やめても復会できる?ティップネス店舗一覧も...

こどもちゃれんじの退会方法やこどもちゃれんじイングリッシュの退会方法!...