セブンイレブンでキャッシュレス支払いはお得?電子マネーでの支払いについて

セブンイレブンでキャッシュレス支払いはお得?電子マネーでの支払いについて

コンビニの中でも最も店舗数の多いセブンイレブン。最近はキャッシュレス決済が増えてきたのもあって、セブンイレブンで電子マネーやバーコード決済を用いる人も多いのではないでしょうか。また、まだ面倒くさくてキャッシュレス決済をしていないという人もいるでしょう。
そこで今回は、セブンイレブンでのキャッシュレス決済はお得なのか、どの決済手段が使えるのか、ポイント還元対象外商品やサービスはあるのかなどをご紹介していきます。ぜひこの機会にセブンイレブンでキャッシュレス決済を行ってみてくださいね。

セブンイレブンのキャッシュレス決済はお得?どれくらい還元される?

キャッシュレス決済還元事業が政府から発足され、2019年10月1日から2020年6月30日まで、中小企業および大企業のフランチャイズ店ではキャッシュレス決済でポイント還元がされるようになりました。セブンイレブンは全国展開をしている大手企業ですが、フランチャイズ店であることが多く、ほとんどの店舗ではキャッシュレスで支払うと2%還元がされて非常にお得に買い物をすることができます。
ただし、セブンイレブンでの還元額の上限は決まっていて、1回あたり5000円(還元対象決済金額は上限250,000円)となっています。
セブンイレブンの店舗で対象のキャッシュレス決済手段で支払うと、支払合計金額の2%分が還元され、いくら還元されたかはレシートに記載されるのでチェックしてみてください。

セブンイレブンではnanacoや楽天Edyなどの電子マネーやペイペイ、楽天ペイ、d払いなど決済手段が豊富

色んなキャッシュレス決済手段が増えていますが、全てのキャッシュレス決済手段が使えないお店の方が多いですよね。しかし、セブンイレブンはさすが大手コンビニというのもあって、ポイント還元対象キャッシュレス決済手段が豊富に揃っています。
クレジットカードやデビットカード、ブランドプリペイドカードであれば、VISAやMaster、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブカードのブランドロゴマークがついたカードが還元対象となっています。また、電子マネーの種類も豊富で、nanaco、楽天Edy、SuicaやICOCAといった交通系電子マネー、iD、QUICPay、ゆめかが還元対象です。
さらに、最近盛んになってきているバーコード決済では、auPay、d払い、PayPay、メルペイ、ゆうりょPay、LINE Pay、楽天ペイが還元対象となっていますよ。
沢山の決済手段があるので、セブンイレブンの買い物ではあまり困らないはずです。また、楽天ペイを始めとしたいくつかのバーコード決済では、セブンイレブンで買い物をするとさらにポイントが5%返ってくるキャンペーンも行われているので、お使いのキャッシュレス決済のHPで確認をしてみると良いですよ。

セブンイレブンはキャッシュレスだと即時還元されるの?

キャッシュレス決済を行う際、即時還元されるところもあれば、後日還元されることもありますよね。では、セブンイレブンではいつ還元されるのかご存知でしょうか。
セブンイレブンでは、キャッシュレス決済を行うと即時還元されるようになっています。さらに詳しくお話しますと、セブンイレブンといったコンビニでキャッシュレス決済を行う場合、合計金額からキャッシュレス還元分が差し引かれた金額を支払うという形になります。つまり、支払う金額は2%割引された金額になるということです。
nanacoやSuicaなどの電子マネー支払い金額と本来の商品合計金額は違っているので、レシートを一度確認してみてくださいね。

セブンイレブンにはキャッシュレス決済還元対象外商品やサービスはあるの?

セブンイレブンではキャッシュレス決済手段が豊富なのですが、キャッシュレス決済還元対象外商品やサービスも存在しています。セブンネットショッピングでのサイト内決済や宅配前払い、セブンミールのサイト内決済、払込票支払い、オムニ7などの店頭受け取り時支払いや代金収納、インターネットショッピングでの代金収納、公共料金などの収納代行といった支払いサービスでは、キャッシュレス還元は受け取れません。
また、セブンイレブンの店頭で購入する商品であっても、切手や印紙、はがきや年賀はがき、クオカード、プリペイドカード、テレホンカード、ビール券、前売り券などのチケット、地区指定ごみ袋や非課税商品はキャッシュレス還元の対象外となっているので注意が必要です。

セブンイレブンではPayPayや楽天ペイ、d払い、nanacoなどは現金と併用して利用できるの?

キャッシュレス決済を利用している人の中には、nanacoや交通系電子マネーなど、現金をチャージしてから利用している人も多いと思います。そのため、端数の金額を現金で支払うことはできないかな?と考える方もいるのではないでしょうか。
セブンイレブンで現金と併用して利用できるキャッシュレス決済サービスとしては、nanaco、交通系電子マネー、楽天Edy、QUICPay、iDがあげられます。バーコード決済であるPayPayや楽天ペイ、d払い、ゆうりょPay、メルペイなどでは現金との併用が不可となってくるので気を付けておきましょう。

セブンイレブンやローソン、ファミマでのキャッシュレス決済はタバコやお酒、雑誌もお得?

セブンイレブンやローソン、ファミマなどのコンビニでキャッシュレス決済を行うのは、単に2%が還元されるだけではなく、他にもお得な点があるのをご存知でしょうか。
実は、キャッシュレス決済対象店舗であれば、通常割引されないようなタバコやお酒、雑誌といった商品までもが還元対象となっています。そのため、本屋さんなどで雑誌を購入するよりもコンビニで購入する方がお得に買い物ができます。
安く雑誌を読みたい方はセブンイレブンやローソン、ファミマなどキャッシュレス決済が行える店舗で購入することをおすすめします。

最後に

セブンイレブンは店舗数も多いですし、身近なコンビニエンスストアですよね。キャッシュレス決済手段も豊富なため利用しやすく、使うキャッシュレス決済によっては通常の2%還元だけではなく、さらに還元してもらえることもあります。お酒やタバコ、雑誌なども還元対象となってきますから、セブンイレブンといったコンビニでの支払いは現金よりもキャッシュレスで行うと良さそうですね。ぜひ、この機会にキャッシュレス決済を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

船が出てくる夢の意味は?船にまつわる夢占いを徹底解説!...

楽天オーネットの解約・退会方法!注意点や成婚退会特典とは?...

ガストのクーポンはどうやって手に入れる?お得にガストを利用しよう!...

Suicaで消費税還元を受けるには?お得にポイント還元を受けられる方法...

LINEの退会方法まとめ!グループLINEの友達を退会させる方法がある...