Suicaで消費税還元を受けるには?お得にポイント還元を受けられる方法について

Suicaで消費税還元を受けるには?お得にポイント還元を受けられる方法について

関東圏を中心に定期券や切符としての利用が多いSuicaですが、電子マネーとして使うこともできるだけではなく、ポイントも貯めることができるのをご存知でしょうか。また、2019年10月1日から2020年6月30日までの期間限定で、消費税還元の一環であるキャッシュレス決済還元事業が行われるようになり、対象店舗でSuicaを利用すると最大5%分のポイント還元がされるようになりました。
バーコード決済などのキャッシュレス決済に疎い方であっても日頃から使われているSuicaで消費税還元を受けられたり、ポイントも貯められたりするなんて嬉しいですよね。
そこで今回は、Suicaでお得にポイント還元を受けられる方法についてご紹介していきます。

Suicaで消費税還元(キャッシュレス決済還元)を受けるなら事前登録は必須!

Suicaでも消費税還元の一環であるキャッシュレス決済還元(中小企業などの店舗では5%還元、大手企業のフランチャイズ店では2%還元)を受けることができます。ただし、キャッシュレス決済還元を受ける場合、JRE POINTにてSuicaの事前登録が必須となっていて、事前登録を行うとSuicaを利用した1か月分のJREポイントが翌月の上旬に還元される仕組みとなっています。

Suicaの消費税還元(キャッシュレス還元)対象店舗について

Suicaをキャッシュレス決済の手段として使うことでポイントが還元されるのですが、どこでもポイントが還元されるわけではありません。キャッシュレス・消費者還元事業に加盟店登録をしており、Suicaでの支払いが対象となっている店舗のみとなっています。
キャッシュレス還元対象の店舗かどうかは、店舗入り口や店頭レジにステッカーやポスターにSuicaのロゴが入っているかどうかを確認してみてください。

無記名、JRE POINT未登録Suicaは消費税還元(キャッシュレス還元)を受けられるの?

通常、SuicaはJRE POINTサイトに登録を行わないと、Suicaで消費税還元の一環であるキャッシュレス決済還元はされません。しかし、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップといった4社のコンビニでは、JREがポイント還元を行っていません。代わりにフランチャイズ本部による還元事業の補助金処理を行うようになっているので、無記名Suicaでも即時2%還元を受けることができるそうです。
ただし、Suicaを運営しているJR東日本が駅構内でフランチャイズ契約をして運営しているコンビニ店舗の場合、ポイント還元は行われないとされています。駅構内のコンビニを利用する場合は、無記名では還元されない可能性が高いので気を付けてくださいね。

Suicaを駅ビルや駅ナカ利用でJRE POINT2%消費税還元がされる!

キャッシュレス決済還元事業と同じ2019年10月1日から2020年6月30日までの間、JRE POINTでは駅ビル、駅ナカでのキャッシュレスの支払いで2%の還元がされることになっています。ただし、ポイントが還元される加盟店は黄色いステッカーが貼られており、「Suica登録して貯まる JRE POINT」と記載されています。黄色いステッカーが貼られていない店舗では、ポイントを貯めることができませんから、注意が必要です。
また、駅ビルや駅ナカでSuicaを利用した際、利用店舗がキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店であった場合はさらに2%または5%のポイント還元がされることになっています。つまり、Suicaのポイントが貯まる加盟店かつキャッシュレス・消費者還元事業加盟店であれば最低でも4%還元されるので、ぜひ駅ナカや駅ビルで買い物をする場合は、Suicaを利用してみてください。

消費税還元だけじゃない!Suicaで運賃を払うだけでポイントが還元される!

Suicaではこれまで電車やバスなどの運賃の支払いは、ポイント還元が行われてきませんでした。しかし、2019年10月の消費税の増税に伴い、JR東日本の在来線でSuicaを使うことでポイントが還元されることになっています。しかも、定期券の購入やグリーン兼の購入でもポイントが還元されるので、日頃から電車を利用している人にとっては交通費でポイントが貯まるなんて嬉しい朗報ですよね。
そこで続いては、Suicaのポイント還元についてお話していきます。

Suicaで運賃を支払ったときのポイント還元率はどれくらい?

モバイルSuicaとカードタイプのSuicaでは、ポイント還元率が異なってきます。モバイルSuicaの場合、50円利用ごとに1ポイントの還元(2%)、カードタイプのSuicaは200円ごとに1ポイントの還元(0.5%)なので、大きく違いますよね。しかも、2020年2月26日からはモバイルSuicaの年会費(税込1050円)が無料になる予定となっているので、モバイルSuicaに切り替えてみるとよりお得に利用できますよ。
ただし、Suicaをそのまま利用するだけではポイント還元はされません。先ほどもお話しましたが、Suicaでポイント還元を受けるには、キャッシュレス決済還元同様にJRE POINTサービス(年会費・入会費無料)に登録する必要があります。登録をしない限りポイント還元はされませんから、気を付けるようにしましょう。

Suicaで貯めたポイントはどんな風に使えるの?

Suicaで貯めたポイントですが、ポイント利用方法は①1ポイント=1円でSuicaにチャージする、②JREのポイントサイトで商品と交換、③駅ビルでの買い物などで利用、④JREモールで利用の大きくわけて4つが挙げられます。Suicaで貯めたポイントはチャージすることで、再び運賃の支払いなどでも使うことができるので、色んな選択肢があるのは嬉しいですよね。
また、Suicaで貯めたポイントは最後にポイントを獲得・利用した日から2年後の月末まで有効期限があるので、Suicaを定期的に利用する人であればポイントの有効期限を気にして利用する必要はありませんよ。

最後に

Suicaでポイント還元を受けるには事前登録が必要なので、面倒だなと感じる人もいるかもしれません。しかし、ただSuicaを使うだけではポイントが貯まりませんし、運賃でもポイント還元できるので、ぜひJRE POINTに登録をして利用していただきたいところです。
Suicaを利用して還元される金額は少ないものですが、貯まったポイントは有効期限が2年と長く、電子マネーとしても利用することができます。JR東日本の在来線を利用する人は特に、この機会にJRE POINTに登録をしてSuicaを利用してみてくださいね。

関連記事

コインチェックの退会方法まとめ!コインチェックの退会には時間がかかる?...

JALカードの退会方法はどうしたらいい?ETCカードや家族カードはどう...

DMM英会話の退会方法は?おすすめの教材やDMM英会話使い方のコツもご...

喧嘩の夢!夢占いでは喧嘩はどんな意味?友達や旦那との喧嘩は?...

カエルが出てくる夢の基本的な意味は?カエルの色や大きさによって変わる?...