キャッシュレス決済はどれがいい?キャッシュレス化おすすめ決済手段

キャッシュレス決済はどれがいい?キャッシュレス化おすすめ決済手段

クレジットカードや電子マネー、スマホ決済など、現金を持たずに支払える方法が多様化するようになって、キャッシュレス決済化が加速しています。しかし、実際にキャッシュレス決済を利用する際、キャッシュレス決済はどれがいいのか、分からない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、キャッシュレス決済の仕組みをご紹介した上で、おすすめのアプリや電子マネー、クレジットカードなどをご紹介していきます。

キャッシュレス決済の仕組みを知っておこう

キャッシュレス決済とは「現金を使わずに決済できる仕組み」となっています。とはいえ、多様化したキャッシュレス化により、決済ごとに仕組みは違います。そこでまずは、キャッシュレス決済ごとに仕組みをご紹介していきます。

スマホアプリや電子マネーを使ったキャッシュレス決済の仕組みは?

スマホアプリや電子マネーを使ったキャッシュレス決済は、事前にお金をチャージしておき、残高分の範囲で支払いを済ますことができる「前払い方式」が取り入れられているところが多いです(一部の決済では後払い方式もある)。そのため、チャージされている金額が支払い限度額となるので、クレジットカードよりも使い過ぎを防ぐことができます。
また、スマホアプリや電子マネーを使ったキャッシュレス決済では、クレジットカードのような審査は必要がありません。スマホアプリであればダウンロードして必要情報を入力していけば、利用することができるようになりますし、電子マネーもカードを購入するとすぐに利用することができるようになります。
スマホアプリや電子マネーは、クレジットカードを作ることができない学生でも利用することができるので、生活の中に取り入れやすいキャッシュレス決済です。

クレジットカードを使ったキャッシュレス決済の仕組みは?

クレジットカードを使ったキャッシュレス決済の仕組みとしては、1か月単位などの限られた期間で利用した金額を翌月または翌々月に支払う「後払い方式」が取り入れられています。クレジットカードの決済では利用限度額が収入などに応じて決まっており、限度額内でのみ利用することができます。
また、クレジットカードは加入時に審査が必要となっており、申し込みをしても却下されることもあります。限られた人しか利用することができない決済方法と言えるでしょう。
そして、クレジットカードを使って決済を行う際は、スマホアプリや電子マネーと違って、利用金額を把握しながら使わないと後日請求が恐ろしい額になることもあります。どんぶり勘定になりやすい人は、クレジットカードの使い過ぎに気を付けるようにしましょう。

デビットカードを使ったキャッシュレス決済の仕組みは?

デビットカードを使ったキャッシュレス決済は、支払いを行うと同時に銀行口座から即座に引き落とされる「即時支払い方式」が取り入れられています。そのため、口座にある残高が支払い限度額となっています。
クレジットカードのように後から請求されるのが嫌いだけれど、現金をおろして使うのが面倒くさい…という方は、カードと銀行口座が直結されているデビットカードがおすすめです。
デビットカードはカードを作るにあたって、審査が必要なケースはほとんどありません。そのため、クレジットカードが作れない人でも利用することができます。ただし、銀行口座がないとデビットカードは発行できませんから、注意をしておきましょう。

キャッシュレス決済どれがいい?おすすめアプリは?

キャッシュレス決済と聞くと、まず頭に浮かぶのは「〇〇Pay」といったスマホアプリ決済ではないでしょうか。しかし、どの決済方法も人によって使いやすさが違ってきますし、利用する目的によっては得をしたり、損をすることもあります。そこで続いては、キャッシュレス決済はどれがいいかわからない人向けにおすすめアプリをご紹介していきます。

LINE Payはこんな人におすすめ

メッセージアプリであるLINEが提供しているLINE Payですが、「LINEをよく使っている人」「どのお店でも利用したい人」「友達に簡単に送金したい人」におすすめとなっています。LINEを利用している人であれば、新たにアプリをダウンロードする手間もかからず、友達のLINEが分かればすぐにLINEでお金を送ることもできます。友達とよく割り勘をする人であれば、非常に便利なアプリと言えますよ。
また、LINE PayはLINE Payカードを登録発行すると、JCBが使える店舗であればどこでも利用することができるようになります。しかも前月の利用金額に応じて0.5~2%の還元を受けられますし、キャッシュレス決済還元事業による還元で最大7%も還元されるのはお得ですよね。

Pay Payはこんな人におすすめ

CMでもよく見かけるPay Payですが、「ヤフーカードを持っている人」「ソフトバンクやワイモバイルのユーザー」「ヤフープレミアム会員」「キャッシュレス5%還元店舗でよく買い物をする人」におすすめとなっています。
ソフトバンク・ワイモバイル・ヤフープレミアムの会員なら、Pay Pay通常が行うキャンペーンの還元率や抽選の当選確率が上がるなど優遇されています。また、銀行口座やヤフーカードでの支払いでは通常時還元率は1.5%で、キャッシュレス決済還元事業により最大6.5%の還元がされますよ。Pay Pay独自の還元キャンペーンもよく行われているので、お得感がある決済アプリと言えるでしょう。

楽天Payはこんな人におすすめ

楽天ユーザーであればぜひ使っておきたい楽天Pay。おすすめの人はもちろん「楽天会員」、「楽天カードを持っている人」です。楽天のスマホ決済アプリである楽天Payは通常の還元率が0.5%で、貯めた楽天ポイントはインターネットだけではなく、実店舗でも利用することができます。
また、楽天Payでは要エントリーですが、何かとキャンペーンが行われています。2019年12月2日まで行われていたキャンペーンでは、キャッシュレス2%還元の店の場合+3%の還元が受けられ、還元なしの店舗でも+5%の還元が受けられる状況でした。さらに楽天Payを利用するにあたって、楽天カードを使うと+1%還元されます。つまり、楽天ユーザーは楽天Payに登録するとさらにポイントを貯めることができますよ。

d払いはこんな人におすすめ

NTTドコモのスマホ決済アプリであるd払いですが、「ドコモユーザー」「dカードを持っている人」「ネットショッピングをよく活用する人」におすすめとなっています。
通常の還元率は0.5%ですが、ドコモのユーザーは要エントリーであるdポイントスーパー還元プログラムによって、サービス利用状況でd払いで支払いを済ませると最大7%のポイント還元が受けられる仕組みとなっています。
また、毎週金曜・土曜日にd払いを利用すると、ネットショッピングでポイント3倍になるのも嬉しいところ。そして買い物の支払代金を電話料金と一緒に支払うこともできるので、ドコモユーザーにとっては支払いが楽となります。

キャッシュレス決済どれがいい?おすすめ電子マネー

キャッシュレス決済の中でも比較的身近に利用されているのは、電子マネーではないでしょうか。代表的な電子マネーとしては、SuicaやPASMOといった交通系電子マネー、WAONやnanaco、楽天Edyといった流通系電子マネー、QUICPayやiDといったクレジットカード型電子マネーがあります。そこで続いては、それぞれに合う人をご紹介していきます。

プリペイド型(SuicaやPASMO、楽天Edyやnanaco、WAON)がおすすめな人

電子マネーの支払い方式の中でも、1番ポピュラーなのがプリペイド型です。あらかじめ限度額内の金額をチャージして利用するため、使い過ぎを防止する効果があります。そのため、ついついお金を使いすぎてしまいがちな人は、プリペイド型を利用すると良いでしょう。
ただし、中にはオートチャージ式の電子マネーも存在しています。オートチャージ式の電子マネーは設定額を下回るとクレジットでチャージされるので、自分がどんな電子マネーを使っているのかを確認しておきましょう。

ポストペイ型(iDやQUICPay)がおすすめな人

ポストペイ型の電子マネーは、クレジットカードと紐づけて決済をする電子マネーとなっています。プリペイド型とは違ってチャージをしておく手間がかかりませんから、残高不足で電子マネーが利用できないということもありません。クレジットカードを経由して利用することになるので、クレジットカードのポイントまで貯められるのが魅力的。クレジットカードを出すのが面倒くさいのでスマホで簡単に使いたいという人におすすめですよ。
ただし、クレジットカードを一緒に紐づけられているので、いくら使ったのかを把握して利用しないと支払日に残高が足りないなんてこともあり得ます。

デビット型(iD)がおすすめな人

iDはポストペイ型だけではなく、デビット型としても利用することができます。デビット型は電子マネーと銀行が発行するキャッシュカードを紐づける仕組みとなっていて、デビット型電子マネーを使うと、すぐに利用した金額が銀行口座から引き落とされるようになっています。
プリペイド型のようにチャージをするのが面倒くさい、けれどクレジットカードと紐づけて後日請求されるのも嫌だという人は、デビット型の電子マネーを利用すると良いでしょう。

キャッシュレス決済どれがいい?おすすめクレジットカード

キャッシュレス決済をする上で、やはりクレジットカードは外せませんよね。しかもクレジットカードは、直接支払いに利用できるだけではなく、アプリのQRコード決済だけではなく、プリペイドカードなどの決済手段と組み合わせることができるので、ポイントを2重でもらうこともできます。そこでキャッシュレス決済を利用する上で、おすすめのクレジットカードを3つご紹介していきます。

dカード

d払いを利用する人であれば、dカードを一緒に持つことがおすすめです。d払いでは、2019年12月2日から2020年3月31日の期間でキャッシュレスポイント還元事業の5%還元対象店舗にてd払いを利用すると、追加で5%分のdポイントが還元されるキャンペーンが行われています。この時、dカードをクレジットカードとして設定しておかないと、ポイント付与対象外となってしまいます。d払いを利用するのであれば、dカードと一緒に利用したいところですね。

Yahoo!JAPANカード

PayPayを利用する人であれば、Yahoo!カードを一緒に持つことがおすすめです。Yahoo!JAPANでPayPayのチャージを行うと、PayPayのボーナス分1.5%とYahoo!JAPANカード決済によるポイント付与1%の計2.5%分の還元率となってきます。ポイントの二重取りをすることができるので、PayPayユーザーはYahoo!JAPANカードを一緒に持つと良いでしょう。

楽天カード

楽天Payを利用する人であれば、楽天カードを一緒に持つことがおすすめです。楽天Payと楽天カードをコンビニで利用すると、8%が還元されるキャンペーンまで行われています。楽天カードを楽天Pay決済に紐づけることで、通常0.5%の還元率が1.5%になるので、楽天ポイントも通常よりも貯まりやすくなってきますよ。

キャッシュレス決済でどれがいいか悩んだらデビットカードやゆうちょPayもおすすめ

先ほどから何度かお話してきましたが、キャッシュレス決済でどれがいいか悩んだときはデビットカードを利用することもおすすめです。デビットカードであれば、銀行口座から即時決済されるという仕組みになってきますから、自分の銀行口座の残高以上を利用することはできません。そのため、クレジットカードのような使い過ぎを防ぐことができます。
また、カードを持ち歩くのが面倒という人は、ゆうちょPayを利用するのもおすすめです。ゆうちょPayはゆうちょ銀行口座を持っていれば利用できるスマホ決済となりますが、デビットカードと同じ仕組みで、即時口座から引き落とされる仕組みとなっています。
現金を利用しないと、つい気持ちが大きくなって予定以上に買い物をしてしまい、リボ払いなどを利用しないといけなくなる人もいます。自分の性格に合わせて、カードやアプリ、電子マネーなどを選んでいかないといけません。

最後に

キャッシュレス決済が盛んになればなるほど、何を使えばよいのか分からない人も多いことでしょう。しかし、目的に応じたキャッシュレス決済を利用することで、お得にポイント還元を受けることができます。アプリ決済を行うのであれば、その会社が提供しているクレジットカードを紐づけることでさらに還元されることも多いので、自分が利用する店舗やサイトをよく考えてキャッシュレス決済を使っていけると良いですね。

関連記事

Suicaで消費税還元を受けるには?お得にポイント還元を受けられる方法...

コインチェックの退会方法まとめ!コインチェックの退会には時間がかかる?...

JALカードの退会方法はどうしたらいい?ETCカードや家族カードはどう...

DMM英会話の退会方法は?おすすめの教材やDMM英会話使い方のコツもご...

喧嘩の夢!夢占いでは喧嘩はどんな意味?友達や旦那との喧嘩は?...