Audibleとは?Audibleのメリット・デメリット、登録・退会(解約)方法をご紹介!

Audibleとは?Audibleのメリット・デメリット、登録・退会(解約)方法をご紹介!

AudibleとはAmazonが運営する、本を耳で聴くオーディオブックストアです。このAudibleは何かをしながら聴くことができるので、時間がなくて読書をしたくてもできない人には最高のサービスと言えます。Amazonのサービスの一環なので、Amazon会員であればすぐにAudibleを楽しむことができます。また、月額1,500円で有料会員になればコインがもらえ、1冊のオーディオブックと交換できたりと、本好きにはたまらないサービスと言えるでしょう。今回は、そんなAudibleのメリットやデメリット、登録方法や退会(解約)方法をご紹介します。

Audibleを利用するには

Audibleに会員登録して月額料金1,500円(税込)/月支払うと、毎月コインが1個配られ、それを好きなオーディオブックと1冊交換することができます。オーディオブック自体の料金は1冊あたり約2,000円〜3,000円なので、月に一回でもオーディオブックを購入する予定があるならば、月額1,500円の有料会員になる方が断然お得というわけです。

Audibleのメリット

有料会員になればコインと好きなオーディオブックを交換してくれるだけでなく、他にも嬉しいメリットがあるので、そちらをご紹介します。

Audibleのメリット①書籍を30%引きで買える!

月額1,500円支払ってAudible会員になると、いつでも全書籍が30%引きで購入できます。この会員特典は有り難いですよね。

Audibleのメリット②購入後の返品は可能!

Audibleで購入した書籍に何か問題があった場合、そのオーディオブックを返品することができます。

Audibleのメリット③朗読の速度を変えられる!

購入したオーディオブックの朗読を自分の聴き心地の良い速度に自由に変えることができるのも、有料会員のメリットと言えるでしょう。

Audibleのメリット④色々なデバイスに対応可!

Audibleが対応しているデバイスは、パソコン、スマートフォン、Alexa搭載デバイスと、幅広く対応しているため、いつでもどこでもAudibleを楽しむことができます。

Audibleのデメリット

では反対に、Audibleのデメリットはどんなことでしょうか。

Audibleのデメリット①ダウンロードに時間がかかる!

オーディオブックをダウンロードするのに時間がかかるので、「今すぐ読みたい!」という時はダウンロードにかかる時間にストレスを感じるかもしれません。前もってダウンロードをしておく、などの対処をした方がよさそうですね。

Audibleのデメリット②人によっては月額料金が高いと感じる!

Audibleの月額料金は1,500円/月です。Audibleは全タイトル30%引きで購入できますが、それでも紙の本と比べると、人によっては月額1,500円は高いと感じる人はいるかもしれませんね。

Audibleのデメリット③洋書が多い!

Audibleで配信されているオーディオブック、その数40万冊以上。しかし、そのほとんどが実は洋書なのです。和書の作品数は、40万冊中たったの1万冊ちょっと。そういう意味でも、Audibleの和書のラインナップは非常に少なく、物足りないと不満を感じる人もいるかもしれません。

Audibleの30日間無料体験

そんなAudibleには30日間の無料体験が設けられていて、1,500円の有料会員に迷っているなら是非体験してみましょう。きっちり無料期間中だけ楽しみたい人は、30日以内に退会(解約)する必要があり、30日を過ぎてしまうと自動的に有料会員に移行する仕組みとなっています。

Audibleの登録方法

では、Audibleの登録方法をご紹介します。既にAmazonの会員であれば登録はとても簡単に行えます。

①Amazonサイトのメニューから、「カテゴリー」を選び、その中の「本・コミック・雑誌&Audible」を選択します。さらにその中の「Audibleオーディオブック」を選びます
②Audibleのトップページが表示されたら、「30日間の無料体験を試す」というボタンをタップします
③Audibleの申込画面になり、「30日間の無料体験を試す」を押します
④申込内容、支払い方法、請求先住所などの確認が終われば「無料体験を試す」を押します

以上が、Audibleの登録方法です。申込確認メールが届くので、そちらの確認も忘れずしておきましょう。

Audibleで書籍を買う方法

Audibleで本を買う方法は、AudibleのサイトまたはAmazonのAudibleページから買うことができます。ちなみに、Audibleはビジネス本、自己啓発本、小説やライトノベルなど約40万冊以上ものオーディオブックを販売しています。本の朗読はプロの声優や俳優、著者本人が担当していることもあり、抑揚や緩急をつけて臨場感たっぷりに読んでくれています。

Audible会員専用のコンテンツ「Audible Station」が聴き放題

Audible会員になると、追加料金なしで「Audible Station」を利用することができます。「Audible Stationは、ビジネスの要約本、お笑い、落語、瞑想、ヒーリング、英語のニュース記事といった、バラエティあふれるコンテンツのコレクションを、会員であれば追加料金なしで利用できるというサービスです。ラジオ感覚で聴けるショートコンテンツと言えるでしょう。

Audibleの退会(解約)方法

では、何らかの事情でAudibleを退会(解約)したいときの退会(解約)方法をご紹介します。
Audibleを退会(解約)するとき、Audibleを提供しているAmazonからでは、何故かわかりませんが退会(解約)できなくなっているため、 Audibleの専用ページにアクセスしてから行う方法で退会(解約)手続きをします。では、Audibleの退会(解約)方法を見ていきましょう。

Audibleの退会(解約)方法手順

①Audibleの公式サイトにアクセスします
②Amazonに登録している「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします
③サインインしたら「アカウント情報」の「退会(解約)する」をクリックします
④退会(解約)手続きの画面に変わるので、「退会(解約)理由」を選択し、「退会(解約)を希望する」を押します

以上が、Audibleの退会(解約)方法です。退会(解約)後は念のため、「アカウントサービス」ページで「非会員」になっていることを確認しておきましょう。

Audibleからのメール配信を停止する

Audibleの退会(解約)手続きが済んだら、Audibleからのメール配信サービスを停止しておきましょう。Audibleの「アカウントサービス」ページの右側にある「配信停止」をクリックするだけで、「情報配信サービスを停止しました」と表示され、配信停止が完了します。

ちなみに、Audibleの退会(解約)後も、購入済みのオーディオブックは利用ができます。また、退会(解約)時に余っているコインは、退会(解約)することで消失します。

最後に

いかがでしたか?今回は、Audibleのメリットやデメリット、登録方法や退会(解約)方法をご紹介しました。「ながら」聴きができるAudibleは今の忙しい時代に合った、新しい形の耳で聞く読書。朗読の速度も自由に設定できるので、聴いているうちに心地よくなること間違いなしですね。

関連記事

ASUS(エイスース)storeクーポンコードの手に入れ方は?アウトレ...

さくら観光のクーポンコードやサクゴーSALE、お得なキャンペーンなどさ...

家の夢占い!家にまつわる夢の夢占いでの意味は?...

簡単!Vプリカのアカウントを完全に削除して退会する方法!...

【夢占い】元彼が出てくる夢の意味とは?復縁もある?...