宝くじの連番とバラって何が違うの?宝くじがよく当たる人はどっちの買い方してる?

宝くじの連番とバラって何が違うの?宝くじがよく当たる人はどっちの買い方してる?

あなたは宝くじを購入する際、どのように購入していますか?「なかなか当たらない」「夢を買うようなもの」をいうイメージが強い宝くじですが、実際に高額当選を果たしている人がいます。宝くじには、「宝くじがよく当たる人」だけが知っている賢い買い方がきっとあるはず。今回は、宝くじがよく当たる人の買い方の中でも、気になる「宝くじの連番とバラ」について、それぞれの違いや特徴、どちらの買い方が賢いか?などご紹介していきます。

宝くじが当たる人の買い方は?連番とバラの違いは?

宝くじの買い方には、大きく分けて2つの方法があります。「連番買い」と「バラ買い」です。それぞれの方法には、以下のような特徴があります。

  • 宝くじの連番買い

組と番号の上から5ケタ目までが同一の番号の宝くじを、1セット10枚単位で購入する買い方です。連続した番号であることから、1等が当選した場合、前後賞も同時に狙うことができるというメリットがあります。下1ケタは「0~9」が揃っているので、7等の300円は確実に当選します。

  • 宝くじのバラ買い

組と番号が揃っていない宝くじをランダムに1セット10枚単位で購入する買い方です。ただし、下1ケタは「0~9」が揃っているので、7等の300円は確実に当選します。組と番号が揃っていないので、当選確認を行う際、1枚ずつ楽しむことができるというメリットがあります。

どちらの方法で購入した場合であっても、1枚1枚の宝くじの当選確率は変わりません。

宝くじが当たるコツは?バラ買いの方が良い?

連番買いでもバラ買いでも、1枚1枚の当選確率は変わりません。しかし、宝くじが「よく当たる人」は、バラ買いをしている人が多いです。

それは、連番買いの場合、10枚単位で購入するものの、すべてが同じ組であるために組が外れてしまうと1等も前後賞も当たる可能性がなくなってしまうからです。一方、バラ買いの場合は、10枚それぞれ組が違い、1等と前後賞をそれぞれ別に狙うことが可能になります。

だからこそ、宝くじが「よく当たる人」は、バラで宝くじを購入しているのです。

宝くじが当たる人の買い方!3連バラ(縦バラ)って何?

バラ買いのメリットは、すでにご紹介した通りです。10枚1セットで購入しますが、組が異なるため、1等と前後賞を別々に狙うことができます。そのため、当選発表の際のワクワク感を楽しむことができるのです。

しかし、バラ買いでは、連番買いのように1等と前後賞を同時に狙うことができません。それでは、1等と前後賞を同時に狙いたい場合には、連番買いをするしかないのでしょうか。

実は、バラ買いでも1等と前後賞を同時に狙う買い方があります。それが、「3連バラ(または縦バラ)」と呼ばれる買い方です。「3連バラ」は1セット30枚単位で購入し、バラ買いの10枚のそれぞれの組と番号が3枚連続になるように購入する買い方です。

同じ組の連続した番号を3枚購入することができるので、1等と前後賞の同時当選を狙うことができるというメリットがあります。

宝くじが当たる人の買い方は他にもある?「福連100」や「福バラ100」って?

宝くじの賢い買い方は、ここまでご紹介してきた「連番買い」「バラ買い」「3連バラ(縦バラ)」以外にもあります。続いては、「福連100」「福バラ100」と言われる2つの宝くじの買い方をご紹介します。それぞれの買い方の特徴は以下の通りです。

  • 宝くじの「福連100」

1セット100枚単位で購入します。組は10種類で、各組の番号の下2ケタは「00~99」までそろいます。1等・前後賞の同時当選の可能性が上がり、さらに下2ケタの当選を期待できるというメリットがあります。

  • 宝くじの「福バラ100」

1セット100枚単位で購入します。組は100種類で、各組の番号の下2ケタは「00~99」までそろいます。1等・前後賞の同時当選を狙うことはできませんが、別々に狙うことができます。また、1枚ずつ当選発表の際のワクワク感を楽しむことができます。「福連100」と同様に下2ケタの当選を期待できます。

上記の2つの買い方は、いずれも宝くじ100枚を同時に購入し、下2ケタ1枚、下1ケタ10枚の当選を確実に狙うことができるという買い方です。ただし、これらの買い方に対応していない店舗もあるので、購入する際には事前に確認してみてください。

宝くじがよく当たる人の買い方!連番・バラ、結局どれがおすすめ?

今回ご紹介してきた宝くじの買い方には、「連番買い」「バラ買い」「3連バラ(縦バラ)」「福連100」「福バラ100」の5種類があります。それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。
(購入資金は1枚300円で計算しており、確実に狙える当選金額については、第779回全国自治宝くじ(バレンタインジャンボ宝くじ)を参考にしています。)

買い方 1セットの枚数 購入資金 確実に狙える当選金額 1等と前後賞を同時に狙えるか 1枚ごとに当選確認の楽しみがあるか
連番買い 10枚 3,000円 300円
バラ買い 10枚 3,000円 300円
3連バラ(縦バラ) 30枚 9,000円 900円 △(※)
福連100 100枚 30,000円 5,000円 △(※)
福バラ100 100枚 30,000円 5,000円

※組が同じ宝くじが10枚ずつあるため、1等と組が違うと同じ組の残り9枚も当選する可能性はなくなります。

宝くじが当たる人は買い方にこだわっている!あなたに合っているのは?

今回は、宝くじが当たる人が実践している買い方についてご紹介してきました。5種類の買い方をご紹介しましたが、これらを組み合わせて購入することも可能です。

例えば、10枚の「バラ買い」と「3連バラ(縦バラ)」を組み合わせて、合計40枚の宝くじを購入するという方法もあります。当選の確率を少しでもあげるために、どのような買い方で宝くじを購入するか考えてみてはいかがでしょうか。どんな方法であれ、「確実に」高額当選が狙えるわけではありませんが、1枚当たりの当選する確率は高くなる方法もあります。だからと言って、絶対に「バラ買い」をしなければならないとも言い切れません。宝くじを10枚購入する場合には、バラ買いをして当選確認のワクワク感を味わうのもよし、連番買いで1等前後賞を同時に狙うもよしです。

どちらの方が「絶対にいい」ということはありません。あなたが宝くじを思いっきり楽しめる方法で、購入するのが良いでしょう。

関連記事

【夢占い】元彼が出てくる夢の意味とは?復縁もある?...

ヤフートラベルをもっとお得に!ヤフートラベルの割引クーポン・クーポンコ...

クーポンコードとは何?上手に利用してお買い物をしよう!ニトリやガスト、...

Kyashリアルカードはどのポイントサイト経由がお得?使い方やキャンペ...

DMMポイントを無料で稼ぐ最強の方法!今なら1,000円分のポイントが...