ライフカードの退会方法まとめ!ライフカードは強制解約されることがある?

ライフカードの退会方法まとめ!ライフカードは強制解約されることがある?

ライフカードを扱うお店は多いですが、代表的なお店が「洋服の青山」です。青山で作ったライフカードをお持ちの方も多いのではないでしょうか。ライフカードを持っていたのに強制解約された…なんていう話も聞いたことがありませんか?この記事では、ライフカードを解約して退会する方法をご紹介していきます。ライフカードの特徴、登録方法、退会方法、強制解約について是非参考になさってくださいね。

お得なライフカードってこんなカード

ライフカードはお得な特典がたくさん付いています。まず、誕生日月に1ヶ月間だけはポイントが3倍になり、どのクレジットカードよりもポイントの還元率が高くなります。そんなこともあり、誕生日月だけライフカードを使っているという人も少なくないはず。そんなライフカード、他にも色々な特典があるのでご紹介しますね。

ライフカードの特典:年会費が無料

ライフカードは何年持ったとしても、年会費は無料です。クレジットカードを持つとき、気になるのが年会費だと思うのでこれはお得ですよね。しかし、ライフカードには4種類あり、その全てが年会費無料というわけではありません。中には年会費がかかるカードもあるので、まずはライフカードの種類を確認しておきましょう。

・ライフカード:もっともスタンダードなカード。年会費無料
・学生専用ライフカード:在学中は年会費が無料
・ライフカード(旅行損害保険つき):年会費1,350円(ただし初年度は無料)
・ライフカードStylish:リボ専用のカード、年会費は無料

旅行損害保険つきのライフカードだけ、基本的に年会費が1,350円かかってきます。

ライフカードの特典:ポイントの還元率は低いけど増やす方法がある

ライフカードの基本的なポイント還元率は0.5%なので正直いって低いです。なので日常使いではあまりおすすめしませんが、この低い還元率を上げる方法がいくつかあるのでご紹介します。

・入会後はポイント1.5倍:ラーフカード入会後1年間はポイントが1.5倍になります。
・ステージ制プログラムなのでポイント還元率が最大2倍:レギュラーステージ・スペシャルステージ・1.8倍ステージ・プレミアムステージの4段階あるので、ヘビーユーザーになればなるほどステージが上がる仕組み
・誕生日月はポイント3倍
・L-MALLの利用でポイント還元率が最大25倍

このようにライフカードのポイント還元率を上げる方法が幾つかあるので、上手く利用すればお得ですよね。

ライフカードの作り方

ライフカードに申し込みたい場合はライフカードのサイトから申し込む方法や、ライフカードを取り扱っているお店で申し込む方法があります。代表的なのは「洋服の青山」で、青山をよく利用する人は最寄りの青山で申し込むと良いですね。ネット経由で申し込む場合は「ライフカードの申し込みページ」から進めます。

ネットでライフカードを申し込む方法

①「ライフカードの申し込みページ」にアクセスする
②「お申し込みはこちら」をクリックする
③「同意事項」を読んで「同意するなら次へ」というボタンをクリックする
④JCB・MasterCard(Aタイプ)・MasterCard(Bタイプ)・VISAの4種類のブランドの中から好きなブランドを選択する。
⑤氏名や家族構成などの必要事項を入力し、全て終えたら「次へ」をクリックする
⑥入力内容の確認ページになるので、間違いなければ「申し込む」ボタンをクリックする

以上がライフカードの申し込み方法になります。その後は引き落とし先の口座手続きになるので、面倒でもここまでは済ませておきましょう。

■ライフカードを解約して退会する方法

では次にライフカードを解約して退会する方法をご紹介します。退会には「必要書類はあるのか?」「退会前に何かしておくことはあるのか?」など気になる人もいると思うので詳しく見ていきましょう。

ライフカードを解約して退会する前の注意点:公共料金をカード払いにしている場合は変更を

公共料金や各種保険料・新聞や雑誌の購買料・携帯電話料金などをライフカードで支払っている場合は、解約・退会する前に変更しておきましょう。支払いがライフカードのままだと、解約・退会後も請求が来てしまうのでよく確認してから解約・退会手続きを取りましょう。

ライフカードを解約して退会する前の注意点:解約は電話のみ

ライフカードを解約して退会するにはネットからだとできず、電話のみになります。申し込みはネットでも出来ましたが、解約はできないみたいです。ライフカードはいくつかの種類がありますが、そのどれもが電話のみの解約になるということです。ライフカードを解約して退会する場合は以下の電話番号にかけてください。

【ライフカードの解約手続き電話番号】
045-914-7003
※自動音声ガイダンスの受付時間は365日24時間
ただし、解約の受付は8:00〜23:00まで。

ライフカードを解約して退会したい時は自動音声ガイダンスの指示通りにカード表面に記載されているカード番号と暗証番号(4桁)を入力する必要があるので、電話するときはカードを手元に準備してから行いましょう。
ちなみに、暗証番号(4桁)を忘れてしまったという場合は、先に挙げた電話番号で直接担当の人に繋ぐと、解約の手続きを行える可能性があります。
また、基本的には電話の音声ガイダンス通りに解約手続きが行えますが、中には音声ガイダンスでは解約できない場合もあるので注意が必要です。

【解約手続きができない場合】
・ご利用残高があるとき
・手元にカードがなくて番号がわからないとき
・暗証番号を忘れてしまった場合
・付帯するETCカードを契約しているとき

ライフカードを解約して退会する前の注意点:青山でライフカードを作った場合の退会方法

ネットからではなく、洋服の青山でライフカードを作った場合の退会方法も同じく電話からの解約手続きになります。受付の営業時間内である8:00~23:00退会手続きをしましょう。1分でも過ぎると電話が通じなくなるので気をつけてくださいね。青山カードの解約・退会に必要なものは氏名・生年月日・住所・カード番号で、解約・退会手続きがスムーズにできるために事前にカードは用意しておいてください。

ライフカードの解約・退会方法に関する疑問

ライフカードに関する疑問で多かったのが、「毎月ライフカードから648円の請求がある」といった疑問。毎月540円・594円・648円という請求がある場合、多くはドフトバンクやドコモなどの携帯電話の携帯保険であることが多いです。ソフトバンクやドコモ、auなどの携帯キャリアサポートや補償のオプションを付けて契約したことを忘れてそのままにしている可能性があるので、これらを解約するにはソフトバンク・ドコモ・auのマイページから解約手続きを行うと、無事解約することができます。

ライフカードは強制解約されることがある?

ライフカードだけに限らず、カード会社では定期的にカード会員の信用情報をチェックしています。カード会員の信用情報が低下した場合なんかにカードの利用を強制解約・強制退会されることもあるそうです。他にも、支払いの滞納が続き、督促の連絡もできない状況になったときなどにも強制解約・強制退会させられるので、当たり前ですが、支払いはきっちりと行いましょう。

最後に

いかがでしたか?今回はライフカードの退会方法を中心に、特徴や登録方法、強制解約についてご紹介しました。退会方法が電話のみなので、本当に解約・退会できたか心配することは無さそうですね。参考になれば幸いです。

関連記事

【夢占い】元彼が出てくる夢の意味とは?復縁もある?...

血の夢の夢占い!血が出る夢は宝くじが当たるって本当?...

ヤフートラベルをもっとお得に!ヤフートラベルの割引クーポン・クーポンコ...

【夢占い】雷が落ちる夢の意味は感情の爆発!?徹底解説!...

オリオンツアーのクーポンコード入手方法は?北海道から沖縄まで格安の国内...