ティップネスの退会方法は?やめても復会できる?ティップネス店舗一覧も

ティップネスの退会方法は?やめても復会できる?ティップネス店舗一覧も

フィットネスクラブであるティップネスはパーソナルトレーニングはもちろん、ヨガや筋トレなど豊富なプログラムと充実した施設が特徴的です。しかし、運動をしなければいけないのは分かっていても、「ジムに通う時間がなくなった」「通い続けるのが難しい」ということもあって、退会を検討している人もいるのではないでしょうか。そこで今回はティップネスの退会手続きなどについてご紹介していきます。

ティップネスの退会方法は?

ティップネスは電話やファックス、郵送、メール、代理人による手続きでは、退会手続きを受け付けてはいません。そのため、ティップネスの退会手続きを行う際は、契約した店舗に行き、受付にて自分で手続きを済ませる必要があります。
まずはティップネスの退会手続きがいつまでに行わなければいけないのか、退会手続きに必要なものは何かといった点をお話していきます。

いつまでに退会手続きを行う必要があるの?

ティップネスを自己都合で退会する場合は、退会希望月の25日(休館日の場合は前日)までに自分の契約した店舗に行って、退会手続きを行う必要があります。26日以降に退会手続きをした場合は、翌月末以降の退会となってしまうので、退会をするときは手続き日に気を付けておきましょう。

退会するときに必要な持ち物は?

ティップネスを退会するときに必要な持ち物は会員証だけです。ティップネスの入会時には印鑑を利用しますが、退会手続きの場合は、書面での退会手続きに印鑑は利用しません。直筆のサインであれば、退会することができるので必ず会員証を忘れずに持っていくようにしましょう。
ティップネスの会員証を紛失した際は、フロントで再発行の手続きをしなければいけない場合があります。再発行料は1,000円(税別)で、本人確認書類が必要です。ティップネスの会員証は紛失しないように気を付けてくださいね。

ティップネスの違約金はいくらかかるの?返金はある?

フィットネスクラブでは退会する際に違約金がかかることがあります。ティップネスでは「入会金と2ヶ月分の会費が無料になるキャンペーン」で入会して半年以内に退会する場合、違約金が発生してしまいます。ただし、ティップネスの違約金とは、キャンペーンの料金と通常料金との差額を支払う形ですので、返金を受け取れる場合もあります。
ティップネスの会費の支払いは月払いと年払いの2つあり、年払いのみ違約金の返金を貰えるようになっています。ただし、その返金としては前払いの一括料金から経過月数分の月払い料金を引いた金額です。
また、一括割引ではある一定の期間以上を在籍することで適応となるため、一定期間内での途中解約では一括割引の適用外とされます。つまり、前払いの一括料金から一括割引ではない「通常の月額料金」を差し引いた金額で返金されると覚えておきましょう。

引っ越したり、入院したりしても退会手続きは本人がしないといけない?

ティップネスの規約では代理人による退会手続きは受け付けていないとされていますが、引っ越しをした、入院をしてしまったといった「本人の来店による退会手続きが不可能な場合」にのみ、代理人による退会手続きが可能となります。ですが、引っ越しの場合はあらかじめ来店することは出来ますので、不測の事態ではない限り、自分で退会手続きを行うようにしていきましょう。

ティップネススタートアップ会員の退会はどうする?

ティップネスは気軽に試せる金額としてスタートアップ会員が設けられています。スタートアップ会員を2ヶ月した後、自分に合わせたプランに移行していくのですが、スタートアップ会員の間に退会をしたいという人もいるでしょう。スタートアップ会員の場合も、通常の会員と同じ退会方法で、退会を行うことになります。
また、スタートアップ会員は入会翌々月から6か月間の在籍が条件となっているので、違約金を支払う必要があります。違約金の金額ですが、スタートアップ会員価格と通常会員価格の差額分となるので、退会をする際は差額分の金額を確認しておきましょう。

ティップネスは休会できるの?復会後の料金はどうなるの?

ティップネスでは施設利用を一時的に休止し、復会できる有料サービスがあります。会員本人の都合で1か月以上の長期にわたって施設を利用できない場合、本人が休会希望前月の25日(休業日の場合は前営業日)までに来店して、休会手続きを行いましょう。ただし、ティップネスの休会をする場合は休会会員価格として1,000円を支払う必要があります。また、休会手続きが休会希望前月の25日を過ぎてしまった場合は、翌々月以降の休会となってしまうので、翌月の会費は支払う必要がでてきてしまいます。休会するときは気を付けていきましょうね。
休会会員の復会料金としては、復会月から通常の月会費を支払うことになります。一か月以内の復会の場合は、休会は取り消しとなって、復会月の月会費は全額支払う必要があるので注意しておきましょう。

ティップネスは強制退会させられることもある?再入会は難しいの?

ティップネスに限らず、フィットネスジムには強制退会制度も存在しています。強制退会させられるのは以下の通りになります。

1. 会則、その他会社の定める諸規則に違反したとき
2. ティップネスの名誉を傷つけ、秩序を乱したとき
3. 会費などの料金の滞納、遅延など支払いを怠ったとき
4. 入会の際にティップネスに対して、虚偽の申告をしていたとき
5. 会社がティップネス会員としてふさわしくないと判断したとき
6. 反社会的勢力であることが発覚したとき
7. ティップネス会則第21条の禁止行為を行ったとき
8. その他、会員規則に準ずる行為をしたとき

よっぽどのことがない限り、強制退会をさせられるということはありませんが、必ずティップネス会員規則を読んで禁止行為を行わないように気を付けるようにしましょう。強制退会をさせられた場合、ティップネスの施設だけではなく、ティップネスを運営している会社のすべての施設に入会だけではなく、立ち入りすることもできなくなってしまいます。つまり、再入会など絶対にできないと考えておきましょう。

ティップネスの店舗一覧は?引っ越しするときは利用店舗変更にお金がかかる?

ティップネスは引っ越しなどで、これまで使っていた店舗を利用できない場合、他の店舗に移動することができます。そこでティップネスの店舗を一覧としてまとめてみました。

【東京】
綾瀬店、大泉学園店、蒲田店、喜多見店、木馬店、小岩店、五反田店、三軒茶屋店、下井草店、下北沢店、新小岩店、東武練馬店、中野店、練馬店、氷川台店、東新宿店、瑞江店、明大前店、六本木店、吉祥寺店、国分寺店、国領店、田無店、町田店

【神奈川】
鴨居店、川崎店、新百合ヶ丘店、鶴見店、藤沢店、二俣川店、宮崎台店、宮前平店、横浜店

【千葉】
蘇我店、船橋店、南行徳店

【埼玉】
川口店、久喜店、草加店、武蔵藤沢店

【群馬】
太田店

【東海】
浜松葵東店、藤枝店

【中京】
上飯田店、江南店

【関西】
石橋店、梅田店、京橋店、香里園店、高槻店、宝塚店、塚口店、天王寺店、布施店、武庫之荘店

以上、ティップネスは関東を中心として、50店舗以上展開されています。ティップネス利用店舗の変更ですが、変更希望前月25日までに変更元または変更先のフロントで手続きをすると翌月1日から、変更先店舗で募集している会員種類で利用することができます。手続き料としては、1,000円(税抜き)となっています。ただし、会員の種類によって月の半ばから移動することができることもあれば、所定の差額月会費が必要にもなってくるので、必ずフロントで確認を行うようにしましょう。

最後に

フィットネスジムを利用するからには、簡単に退会できるかどうかも重要なことです。ティップネスの退会方法は簡単に行えるので良いですよね。そんなティップネスの退会手続きは毎月25日までとなっているので、退会を考えている方は申請期日を意識して解約手続きを行うようにしてください。他にも違約金の発生や、休会から復会料金のことなど分からないことがあれば、早めにフロントで確認をとっておくようにしましょう。

関連記事

【夢占い】元彼が出てくる夢の意味とは?復縁もある?...

血の夢の夢占い!血が出る夢は宝くじが当たるって本当?...

ヤフートラベルをもっとお得に!ヤフートラベルの割引クーポン・クーポンコ...

【夢占い】雷が落ちる夢の意味は感情の爆発!?徹底解説!...

オリオンツアーのクーポンコード入手方法は?北海道から沖縄まで格安の国内...