ランサーズの退会方法は?やめる前に確認しておきたい注意点について

ランサーズの退会方法は?やめる前に確認しておきたい注意点について

大手クラウドソーシングサービスとして有名なランサーズ。副業をする人が増えてきた今、ランサーズでお小遣い稼ぎをしている方もいるのではないでしょうか。しかし、登録したのはいいけれど、稼ぎ方が分からなくて退会しようかな…と考えている方もいると思います。そこで今回は、ランサーズの退会方法を中心にやめる前に確認しておきたい注意点をご紹介していきます。また、ランサーズとよく比較されるクラウドワークスの退会方法も簡単にまとめているので参考にしてみてくださいね。

ランサーズの退会方法は?

まず、ランサーズの退会方法ですが、ランサーズ公式にログインしましょう。画面上部のプロフィール画像をクリックすると「会員情報管理」という項目が出てきます。「会員情報管理」をクリックしましょう。すると、「ログイン情報管理」というページが表示されるため、下までスクロールをしていきます。「※退会を希望される方はこちらをご覧下さい」と書かれているので、「こちら」の部分をクリックします。
次に、「ランサーズの退会」というページに飛ぶので、退会理由(選択式)、その他意見、パスワードを入力していきます。最後に「退会する」ボタンを押すことで、ランサーズの退会が完了します。
ランサーズの退会方法は非常にシンプルなので、簡単に辞めることができますよ。

ランサーズを退会するときの注意点

ランサーズを退会する前に、気を付けておきたい注意点がいくつかあります。そこで続いてはランサーズを退会する前にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

退会ができない場合がある

ランサーズには退会しようと思っても、退会できない場合があります。「ランサーズの退会」というページにもあるように、以下の場合はランサーズを退会することができません。

・依頼中の仕事がある場合
・提案中の仕事がある場合
・進行中の仕事がある場合
・報酬の振込依頼中の場合
・その他、提案・依頼・進行・支払い待ちなどの完全に終了していない仕事がある場合

仕事の進捗状況を見ながら、退会する日を決めていく必要があります。

ランサーズ口座の残高を確認

ランサーズを退会する前に、ランサーズ口座に払い出しをしていない売り上げがないかを確認しておきましょう。ランサーズの口座に残高があるのに退会をしてしまった場合、未払いの報酬は放棄したものだと見なされてしまいます。そのため、払い出しができる金額以上であれば、出金をしてからランサーズを退会をしておくようにしましょう。

複数アカウントは持てない、再登録不可

ランサーズでは複数アカウントは持てない仕様となっています。そのため、一度登録したIDとメールアドレスでは再度登録することはできません。別のメールアドレスとIDで登録することはできますが、本人確認で重複が分かれば利用することができません。ランサーズを今後使う予定があるのであれば、ランサーズのアカウントは消さない方が良いでしょう。

関連サービスの登録はしてないか

ランサーズで関連サービスの登録をしていると、ランサーズの退会を行うことができません。ランサーズのIDとパスワードで登録できるサービスを利用している人は、まずそちらのサービスを退会してからランサーズの退会を行う必要があります。
ランサーズを通して関連サービスを登録した場合などは、気を付けておくようにしましょう。

これまでの支払いデータをダウンロードしておく

ランサーズに限らず、副業の収益が20万円を超える人は確定申告をしていかなければなりません。メモなどでも対応できるのですが、ダウンロードして保存しておく方が税務署が来たときにも安心です。そのため、退会をする前にランサーズで発生した支払いデータをダウンロードしておきましょう。
ランサーズで発生した支払いデータをダウンロードするには、マイページ左側のメニューにある「支払い管理」を開きましょう。すると支払い情報がでてくるので、「過去の収入を見る」をクリックしていきます。年間収支のグラフ画面が出てきたら、1番下に年間明細ダウンロードボタンがあるのでクリックするとCSV形式でダウンロードされます。
もし、データをダウンロードしたのに文字が読めないことがあったり、ダウンロードができなかったりする場合は、支払い画面をそのまま印刷して保存しておくと良いですよ。

ランサーズを退会できないときはどうする?

ランサーズを退会したいのにできないということもあるでしょう。そこで、続いてはランサーズを退会できない場合の対処法についてご紹介していきます。

受注している進行中の仕事がある場合

ランサーズで受注している進行中の仕事がある場合、仕事を完了させるか、仕事をキャンセルさせてもらうという手段で退会できない問題を解決することができます。途中で仕事をキャンセルしてもらう場合は、クライアントの予定もあるので早めに連絡を入れ、丁寧な対応をとるようにしていきましょう。

依頼中の仕事がある場合

ランサーズの発注側として、仕事を依頼している場合もランサーズを退会することはできません。依頼中の仕事をキャンセルすれば解決することができますが、仕事(プロジェクト、コンペ、タスク)方式によって違ってきます。
プロジェクト方式の場合、「募集期間中・選定中・一時停止中」のステータスであるときに依頼をキャンセルすることができます。ただし、提案をしてくれている人がいる場合は、お断りの連絡を送るようにしておきましょう。
次にコンペ方式では、「募集期間中・提案の一時停止中」の場合にのみ、依頼をキャンセルすることができます。そして、タスク方式の場合、作業が0件なら依頼ページから何も気にせずキャンセルを行えます。ただし、作業が1件以上ある場合は、依頼自体を一時停止して「承認・承認した作業への支払い確定処理・拒否」のいずれかを選択していきましょう。

提案中の仕事がある場合

提案中の仕事がある場合も、ランサーズを退会することができません。そのため、提案を撤回する、提案を取り消してもらうことで問題を解決できます。ちなみに、提案の撤回は提案してから1時間以内と決められています。自分で撤回できなくなってしまうので、1時間以上経ってしまった場合はクライアントに連絡をとって、提案を取り消してもらいましょう。

報酬の振込依頼中の場合

報酬の振込依頼中は何をしても退会を行うことができません。報酬が振り込まれるのを待ってから、退会処理を行うようにしましょう。

その他支払い待ちなどの完全に終了していない仕事がある場合

支払い待ちの場合も退会を行うことができません。支払い待ち状態の場合は、仕事をキャンセルしてもらうか、早めに完了をしてもらえるように連絡をするようにしましょう。せっかく仕事をしたのであれば、仕事をキャンセルしたくはありませんよね。クライアントに退会する旨を伝えて、下手に出ながら早めに対応してもらえるように連絡を入れてみましょう。

ランサーズにログインできないときはどうする?

これまではランサーズの退会に関する話をしてきましたが、ランサーズを退会したいのに「そもそもランサーズにログインできない」と悩んでいる方もいます。そこでランサーズにログインできないときの対処法についてご紹介してきます。

パスワードが間違っていないかを確認

パスワードのスペルが間違っているために、ランサーズにログインできない人がいます。スペルはもちろん、小文字と大文字の入力を確認するようにしてください。パスワードを忘れてしまった場合は、パスワード再設定を行うようにしましょう。

メールアドレスが間違っていないかを確認

ランサーズにメールアドレスを間違えて入力してログインできない場合があります。自分の登録しているメールアドレスを再度確認してみましょう。登録したメールアドレスが分からないという場合は、ランサーズのサポートに連絡をいれると対応をしてくれますよ。

ランサーズをログアウトする方法は?

ランサーズを外部のパソコンを使って利用することも時にあるかもしれません。そんな時はランサーズのログアウトを忘れないようにしましょう。
ランサーズのログアウト方法は非常に簡単で、ランサーズのトップページの右上に表示されている「ログアウト」をクリックするだけで、ログアウト完了です。

ランサーズ初心者の稼ぎ方のコツは?

ランサーズ初心者の場合、全く稼げなくてランサーズを退会しようと考えている人もいることでしょう。そこでランサーズ初心者でも収益を少しでもあげられる稼ぎ方について少しお話します。

WEBライティングなどをする

WEBライティングは文章を書くことが好きであれば、ランサーズ初心者でも稼ぐことができます。ただし、WEBライティングはプロジェクト方式であることが多いので、WEBライティングの契約をする前にテスト記事の納品などが必要になってきます。最初は時間がかかると思いますが、数をこなしていくうちに文章を書くスピードも上がってくるので、積極的に飛び込んでみましょう。

タスク案件をこなす

月5000~10000円程度であれば、タスク案件をこなすだけでも稼ぐことができます。ただし、タスク案件はアンケート形式のものが多いので、ひたすらこなす必要があります。タスク案件ばかりではどうしても数万円稼ぐことができないので、プロジェクト方式といったものにステップアップしていくようにしましょう。

応募が少なさそうな案件を狙う

高単価の案件を最初から狙っても、初心者は太刀打ちできません。応募数が多いほど、実力のある人が沢山います。そこで、受注する案件はなるべく応募の少ないライバルのいないところを狙っていきましょう。ただし、安すぎる単価のところでは稼ぐことができないので、平均的な単価のものを選ぶようにしていきましょう。

クラウドワークスの退会方法って…?

ランサーズと同じく、大手クラウドソーシングサービスであるクラウドワークスを掛け持ちしているという方もいるのではないでしょうか。そこで続いてはクラウドワークスの退会方法についてご紹介していきます。

クラウドワークスの退会方法

クラウドワークスを退会する場合は、まずクラウドワークスにログインをしましょう。次に、ページ上部の表示名をクリックし、「プロフィール編集」を選択し、共通情報にある「基本情報編集」をクリックしていきましょう。次に、左下に「退会をご希望する方はこちら」をクリックすると、退会を行うことができます。
ちなみに、ランサーズとは違ってクラウドワークスは退会後も、再度登録することができます。しかし、退会をしてしまうとこれまでの仕事結果、評価といった「仕事をする上で必要な情報」がリセットされてしまいます。
クラウドワークスで仕事をする機会があるならば、クラウドワークスを退会するのはやめておいた方がよさそうです。

外部サービスでログインしているときの退会方法

Facebookなどの外部サービスアカウントでログインをしている人もいることでしょう。その場合は、クラウドワークス用のパスワードを設定する必要があります。
ページ上部の表示名をクリックし、「プロフィール編集」を選択し、「メールアドレス・パスワード編集」を入力し、「ログイン情報を更新する」をクリックしましょう。次に、プロフィール変種ページに戻り、共通情報の「基本情報編集」をクリックすると左下に「退会をご希望する方はこちら」がでてくるので、「こちら」をクリックして退会しましょう。

退会できないときは

クラウドワークスもランサーズ同様に退会することができない場合があります。契約した業務が終了していない場合や、契約した取引の決済手続きが完了していない場合、仮払いしている金額がある場合にあげられます。ランサーズ同様に取引先との仕事を完了させるか、クライアントに連絡をして仕事を終了するようにしていきましょう。

最後に

ランサーズの退会方法を中心にご紹介してきました。ランサーズを始めとしたクラウドソーシングサービスは簡単に仕事を受注できる反面、仕事であるがゆえに退会しようと思っても、なかなかタイミングが掴めないということもあります。しかし、タイミングさえ合えばすぐに退会することができるので、取り組みやすいサービスと言えるでしょう。ただし、ランサーズを退会する前にやらないといけないことがいくつかあるので、忘れないようにしてくださいね。

関連記事

【夢占い】元彼が出てくる夢の意味とは?復縁もある?...

ヤフートラベルをもっとお得に!ヤフートラベルの割引クーポン・クーポンコ...

Kyashリアルカードはどのポイントサイト経由がお得?使い方やキャンペ...

DMMポイントを無料で稼ぐ最強の方法!今なら1,000円分のポイントが...

宝くじが当たる神社はどこ?九州・関東・関西で宝くじ当選者が出ている神社...