簡単!Vプリカのアカウントを完全に削除して退会する方法!

簡単!Vプリカのアカウントを完全に削除して退会する方法!

Vプリカとは何かご存知でしょうか?今回はVプリカの退会方法を中心に、Vプリカの買い方やのVプリカのアカウントを完全に削除する方法など、まとめてご紹介します。Vプリカって何?という初心者の方でも分かりやすくご説明していますので、参考にしてください。

Vプリカとは

Vプリカ、聞き慣れない言葉で戸惑う人も多いのではないでしょうか。Vプリカはライフカード株式会社が発行しているプリペイドカードでネット専用のVISAカードとして普及しています。ネット専用なのでネット上のVISA加盟店であれば通常のクレジットカードとして世界中で利用することができます。
そして何よりVプリカの特徴としてプラスチックのカード自体がありません。しかも、日本国内在住の18歳以上の人であれば審査がなく、2、3分の簡単な登録ですぐに作ることができるのです。

Vプリカが使えるネットサイト

VプリカはVISAが使えるネット上のサイトであれば利用可能です。

・Yahoo!ショッピング
・Amazon
・楽天市場
・アプリ系(モンスト・ツムツム・パスドラなど)
・iTunes など

代表的なネットサイトではほぼ使えるので利用が限られるといったことはなさそうです。

Vプリカとクレジットカードの違い

プラスチックカードがなくバーチャルカードのVプリカですが、クレジットカードと一体何が違うのかというと、まず何より審査がないということです。クレジットカードは必ず審査が入り、その審査に通らないと発行してくれませんが、Vプリカの場合は18歳以上であれば誰でも作れます。また、Vプリカは年会費がかからないというのも大きな特徴と言えるでしょう。他には、カード自体がないので紛失や盗難の恐れがなく、取り扱いが非常に楽というのも好まれている点と言えます。

Vプリカのセキュリティ

手軽に利用できるVプリカですが、やはり気になるのはセキュリティの問題ですよね。いくら審査不要とはいえ、セキュリティに不安要素があれば使うのも躊躇してしまいます。しかし、Vプリカのセキュリティはとても万全で不正利用される確率はかなり低いといっても良さそうです。というのも、そもそもVプリカはクレジットカードのように上限金額を設ける制度ではなく購入した金額分までしか利用できないので、不正利用をしたところであまりメリットがありません。それだけでなく、以下のようなセキュリティシステムがあるのでVプリカは安全なのです。

・カード記載の氏名はニックネームでも可能
・Vプリカを使用しない時はセキュリティロックをかけることができる
・3Dセキュア対応で、購入時にIDとパスワードを必須にできる
・購入後はメールに配信できるサービスがあるので、身に覚えのない利用だとすぐに気付く
・Web明細もあるので、気になったらいつでも明細チェックが可能

これだけのセキュリティが揃っているので万全です。

Vプリカってどこで買える?Vプリカの買い方

Vプリカの購入方法はローソンやファミリーマートなどのコンビニにあるメディア端末からレジで購入代金を支払う方法や、インターネット上でクレジットカード払い、ネットバンキングを利用して購入する方法があります。

コンビニのメディア端末で購入

券種は手数料別で2,000円、3,000円、5,000円、7,000円、1万円があり、購入後に会員情報が発行されます。

インターネットで購入

Vプリカのマイページから申し込みを済ませ、クレジットカードやコンビニで支払います。
券種は手数料別で500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、1万円、2万円、3万円となっており、コンビニで買うより券種が多くあります。支払い後すぐにVプリカが発行されるので、使いたい時にすぐに利用できます。

また、Vプリカはギフトにもピッタリで、ギフト専用Vプリカというのがあります。欲しい時にコンビニですぐに買えるという手軽さから人気のようです。ギフトで使用されるVプリカの券種は3,000円と5,000円(どちらも手数料別)の2種類があり、金券感覚で渡せるのでオススメです。

Vプリカのデメリット

Vプリカのメリットは先ほども言ったように、審査不要で年会費も不要、国内在住の18歳以上であれば誰でもすぐに利用することができ、セキュリティ対策も万全、利用したい時にすぐにコンビニやインターネット上から購入できるという点です。では反対に、Vプリカのデメリットを見ていきたいと思います。

Vプリカのデメリット①休眠カード維持費がかかる

Vプリカは利用していない期間が3ヶ月を超えると、休眠カード維持費という手数料が発生し、毎月Vプリカ残高から125円が引き落としされます。普段からクレジットカードを使い慣れている人にとったら不便な印象を受けるかもしれませんが、逆を言えば使い過ぎ防止になったりもするので、お金の管理がしやすいとも言えるでしょう。

Vプリカのデメリット②実質手数料がかかる

Vプリカを購入する際に手数料がかかってくるのもデメリットの一つです。Vプリカの券種は色々ありますが、利用金額から200円程度の手数料が上乗せられた金額で購入することになりますので、見方によっては損かもしれません。
ただ、この購入手数料は無料にすることができます。それはライフカードでVプリカを購入するということです。これは2011年から実施されているライフカードのサービスで、実質手数料0円でVプリカを購入することができます。さらに、ライフカードのポイントも貯まるので非常にオトクです。ちなみに、ライフカード自体は年会費が無料なので持っておいて損はないクレジットカードです。

Vプリカの退会方法

Vプリカの退会方法ですが、退会するとどうなるかを先ずチェックしましょう。
Vプリカを退会しても実はアカウント情報はVプリカ側に残っています。それは退会後も何らかの事情で支払い情報や決済情報の確認が必要になるためだそうです。しかし、これは一定期間過ぎると完全に削除されるそうなので安心して下さい。その他にも、Vプリカを退会した時に残高があった場合は残高も一緒に削除されてしまうそうなので、退会すると決まったらきっちり使い切ってからにしましょう。そして、一度退会すると再登録は可能かどうかですが、結論から言って再登録は可能です。そのため、Vプリカ退会後は必要に応じて再登録ができ、何度でも利用することができます。

Vプリカの退会は電話で行う

ではVプリカの退会方法ですが、退会はVプリカの専用窓口に電話する方法しかありません。インターネットからは退会できないので注意してくださいね。

・Vプリカインフォメーションセンター
連絡先:045-279-1515
営業時間:10:00〜17:00(土日祝・年末年始休み)

退会方法は、インフォメーションセンターに電話をし、Vプリカのアカウントを削除する旨を伝え、本人確認に必要な情報(ログインID・氏名・生年月日)を伝えるとアカウントの削除をしてくれます。以上がVプリカのアカウントを削除し、退会する方法です。
電話だと簡単に退会することができますし確実なので安心ですね。

最後に

いかがでしたか?今回はVプリカの退会方法や買い方を中心に、Vプリカとは何か、Vプリカが使えるネットサイトやクレジットカードとの違いについてご紹介しました。参考になれば幸いです。

関連記事

ヤフートラベルをもっとお得に!ヤフートラベルの割引クーポン・クーポンコ...

Kyashリアルカードはどのポイントサイト経由がお得?使い方やキャンペ...

宝くじが当たる神社はどこ?九州・関東・関西で宝くじ当選者が出ている神社...

オリオンツアーのクーポンコード入手方法は?北海道から沖縄まで格安の国内...

【夢占い】雷が落ちる夢の意味は感情の爆発!?徹底解説!...