apple music(アップルミュージック)の退会方法!退会後は曲が聴けなくなる?

apple music(アップルミュージック)の退会方法!退会後は曲が聴けなくなる?

目次

定額制の音楽聴き放題アプリ「apple music(アップルミュージック)」。登録後3か月は無料で音楽を楽しむことができますが、その後はメンバーシップの自動更新によって月額の料金がかかってしまいます。その前に解約しようと考えていたのに、気づいたら更新されていた!そんな経験ありませんか?apple music(アップルミュージック)のメンバーシップの自動更新を停止して、退会するための方法と注意点を解説します!

apple music(アップルミュージック)アプリをダウンロード!無料トライアル後メンバーシップが勝手に更新されるのを止めるには?

apple music(アップルミュージック)をダウンロード後、無料トライアル中に解約しようと考えていたのに気づいたらメンバーシップが勝手に更新されていた、なんて経験がある方は少なくないかと思います。apple music(アップルミュージック)をダウンロードすると、無料トライアル期間が過ぎてしまうと、メンバーシップが勝手に自動更新され、apple music(アップルミュージック)無料トライアル後も料金がかかるようになってしまうのです。
apple music(アップルミュージック)のメンバーシップが勝手に更新されるのを止めるには、メンバーシップが勝手にされないように設定を更新しなければいけません。apple music(アップルミュージック)の有料期間に入ると、ラジオステーションの聴取ができるようになったり、Apple Musicライブラリにある曲を無制限で再生できるようになったり、Apple Musicのコンテンツを自分のライブラリに追加・保存できたりといった特典もあります。ですので、そのまま有料プランに更新するのもアリかとは思います。
「でも、他にも有料のサブスクアプリをダウンロードしてあるし……」という方も少なくないかと思います。そんな場合には、まず無料で機能をチェックしてみて、メンバーシップの自動更新を停止させることをおすすめします。

apple music(アップルミュージック)をダウンロード!無料トライアル期間中にできることとは?

apple music(アップルミュージック)の無料期間中に試せる機能は、音楽のリスニング関連であれば一般的な有料プランと大差ありません。ラジオステーションの聴取は一部のチャンネルだけになりますが、オフラインでの音源の保存なども可能なので、不便なことはないでしょう。

アップルミュージックの料金の支払い方法は?

アップルミュージックをダウンロード!無料トライアル後の支払い方法はクレジットカード

apple music(アップルミュージック)のアプリを無料トライアル後も更新して利用する場合、月額使用料金の支払いはApple IDに紐付けているクレジットカードからになります。apple music(アップルミュージック) のアプリの使用料の支払いには、VISA・MasterCard・JCB・American Express・Dinersといった各種クレジットカードを利用することができます。

アップルミュージックをダウンロード後、無料トライアル後の支払いはケータイ料金と一緒にも払える!

apple music(アップルミュージック)アプリの使用料金は、ケータイキャリア払いも可能です。ケータイキャリア払いとは、月々のケータイ使用料と合わせて請求される支払方法です。apple music(アップルミュージック)ではDocomo、au、ソフトバンクといったケータイキャリア払いに対応しています。
apple music(アップルミュージック)の設定から、クレジットカードの国際ブランドの一覧に並んでキャリア決済のメニューがあります。そこをクリックし、ケータイ電話番号を入力したら記載されているコードを入力、といった手順で設定することが可能です。

アップルミュージックダウンロード後、無料トライアル後の支払いは電子マネーでもOK!

apple music(アップルミュージック)アプリの支払いには、電子マネーでの支払いも対応しています。デビットカード・LINE Pay・auWALLETなど、クレジットカードの国際ブランド付きの電子マネーなら紐づけて利用することが可能です。紐づけの方法は、クレジットカードと同様、カード番号と有効期限、セキュリティコードをapple music(アップルミュージック)から登録する方法です。ただし、apple music(アップルミュージック)の月額料金(980円)に残高が足りなかった場合には止められてしまうので、要注意です。

apple music(アップルミュージック)を解約したい!androidでは?iPhoneでは?

apple music(アップルミュージック)を解約!androidの場合

apple music(アップルミュージック)のアプリから、androidスマホで解約する場合には、まずアプリを起動して画面左上のメニューをタップしましょう。メニューを開いたらユーザー名が記載された箇所をタップ、アカウント画面へ移動します。アカウント画面に移動したら、「メンバーシップを管理」をタップしましょう。画面が移動しますので、そうしたら「登録」をタップ。メンバーシップの管理画面に移動します。メンバーシップの管理画面に移動したら、画面下の自動更新の項目にあるボタンをタップ。「自動更新をオフにしますか?」というメッセージが表示されたら、「オフ」をタップしましょう。自動更新のボタンが切り替わります。これで解約の手続きは完了です。

apple music(アップルミュージック)を解約!androidだけじゃなくiPhoneでも!

apple music(アップルミュージック)アプリをiPhoneで利用していた場合、App Storeから解約する方法もあります。apple music(アップルミュージック)アプリを開いたら、画面右上にあるアイコンをタップ。上の方に表示されるユーザー名の部分をタップしてください。アカウントページに移動します。更に、画面を下にスクロール。「登録」をタップします。そこから、画面下の「登録をキャンセルする」をタップしましょう。タップするとメッセージが表示されますので、「確認」をタップ。これで解約完了です!

apple music(アップルミュージック)を解約!iPhoneでのアプリからの解約方法は?

iPhoneでapple music(アップルミュージック)を解約する場合、ミュージックアプリからも解約可能です。アプリを開いたら、画面下部にある「For You」をタップ。画面右上にあるアカウントボタンをタップしてください。アカウント画面になったら画面を下にスクロール。下部にある「Apple IDを表示」をタップしましょう。Apple IDなどが表示されますので、画面を下にスクロール。「登録」をタップしましょう。表示された画面で、画面下の「登録をキャンセルする」をタップ。解約の確認メッセージが表示されたら、「確認」をタップしてください。解約が無事に完了すると、「ご利用中の登録」に契約の満了日が表示されます。

apple music解約後、保存した楽曲は聴ける?

apple music 解約後は保存した楽曲は聴けない!

apple musicを解約してしまえば、メンバーシップが勝手に更新される!なんてことに悩む必要もなく、他のサブスクリプションアプリなども使うことができます。でも、もったいないのがapple musicにもともと保存していた楽曲が解約後聴けなくなってしまうかもしれないことですよね。実際は、どうなのでしょうか?
apple musicには、楽曲を端末に保存することでオフライン再生を行うことが可能です。ですが、ここでダウンロードした楽曲データにはDRM(デジタル著作権管理)が付与されているので、DRMが認証されていない環境では聴けない状態になっているのです。つまり、apple musicを解約してしまったらダウンロード保存した曲も聴けなくなってしまうということ。ですが、ちょっとした工夫で端末に保存した楽曲をapple music解約後にも聴くことができるのです。まずは、楽曲をダウンロード保存してオフラインで聴けるようにしましょう。

apple musicの曲をオフラインで!ダウンロードの方法

まずapple musicアプリを開いたら、ダウンロードしたい曲にアクセスします。曲名の横に表示されている「…」をタップしてメニューを表示。「オフラインで再生する」という項目を見つけたら、タップしましょう。
タップするとダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了すれば、オフライン再生が可能になります。ここでダウンロードした楽曲は「My Music」に追加されるので、ここから聴けば電波環境に関係なく楽曲を聴くことが可能に。
また、アルバムやプレイリストも同様にまるごとダウンロードすることができます。手順は曲1曲単位の際と同じ。ジャケットの横にある「…」をタップして表示されるメニュー一覧から「オフラインで再生可能にする」をタップしてダウンロードしましょう。ダウンロードが完了したら、「My Music」からオフラインで再生することができます。
ひとつだけ注意したいのが、プレイリストをダウンロードした場合。アルバムや楽曲が最初に表示された時と異なる順番で「My Music」内のライブラリに追加されてしまうかもしれないので、注意しましょう。

ダウンロード保存したapple musicの曲とストリーミングの曲を一緒に聴くことも可能?

楽曲やアルバム、プレイリストなどをオフラインで聴けるようにダウンロード保存した際、すべて「My Music」に保存されます。ちなみに、「My Music」にはダウンロードした楽曲だけでなく、ストリーミングで聴いている楽曲を追加することもできるのです。シャッフル再生などの時に便利な機能ですが、こうなるとダウンロードした曲とストリーミングで聴いている曲が混ざってしまい、いざapple musicを解約する際にどの曲をダウンロード保存していてどの曲はストリーミング再生なのかわからなくなってしまう、という可能性もありますね。
ですが、安心してください!この場合、ダウンロードした楽曲だけを表示することもできるのです。まず、「My Music」画面の中央にあるアーティストをタップ。そこに表示されるメニューから、「オフラインで再生可能な項目」をオンにしましょう。そうすると、端末にダウンロード保存されている曲だけを表示することができるので、ややこしい思いをせずに済みますよ。
次は、いよいよapple music解約後にダウンロード保存した曲を聴けるようにするための方法です!

apple music解約後にダウンロード保存した曲を聴けるようにするためには?

まず、apple musicの音楽の保存先をiTunesに設定します。「ストリーミング」という項目から「音楽の保存」を選択したら、「形式」をクリック、「オリジナル形式が利用可能な場合のプロファイル」の中から「iPhone、iPad、iPod(AAC/MP4形式)」を選択します。
更に「ストレージ」をクリックしたら、「ファイル名、ダイレクトリの設定」をクリックしましょう。「録画・録音の出力フォルダ」の音楽フォルダの横の「…」をクリックしたら、「マイミュージック」の ファイルの中から「iTuensに自動で追加」をクリックします。これで、apple musicから音楽を保存する準備は完了です!
ここで使うのが、「Audials」という音楽保存用ソフト。まえもってダウンロードしておいて、開けるようにしておきましょう。「Audials」を開いたら、「音声・音楽の録音」をクリックしてクイックスタートオプションの中から「apple music」をクリックします。更にapple musicを起動し、「My Music」から好きな楽曲を再生。すると、Audialsが自動で楽曲を録音してくれます。録音が完了すると、Audials上のメディアセンターとiTunesに楽曲が保存されます。これで、apple musicを解約した後もダウンロード保存した曲を楽しむことができるのです。
Audials以外にも、apple musicにダウンロード保存した曲を解約後も聴けるようにすることができるソフトはあるので、一度探してみてくださいね。

apple music の退会方法まとめ

apple music の退会方法について詳しく解説しました。apple music は意外と簡単に退会することができるので、退会を考えている場合には、気軽にapple musicの退会方法を試してみてくださいね。また、apple music を解約後にも、ダウンロード保存した曲を楽しむ方法はあります。少し手順を覚える必要はありますが、安心して試してみてください。
apple music でのオフライン再生ではなく、iTunesで購入した曲に関しては、apple music解約後も消えてしまう心配はありません。更に、apple musicを退会後にもう一度再契約した場合。これは解約してから何日経過したかどうかにもよるそう。解約後30日以内に再契約した場合は、退会する前に「My Music」に追加した楽曲やプレイリストなどをそのまま利用することができます。ですが、解約後30日以上経過してからの再契約の場合は、ライブラリに追加していた楽曲やプレイリストなどはすべて消えてしまいます。また好きな楽曲を一から追加していく必要があるのですね。
いつでもどこでも音楽を楽しめる、便利なapple music。退会方法も前もって知っておくことで、安心して利用してみることができそうですね!

関連記事

ヤフートラベルをもっとお得に!ヤフートラベルの割引クーポン・クーポンコ...

Kyashリアルカードはどのポイントサイト経由がお得?使い方やキャンペ...

宝くじが当たる神社はどこ?九州・関東・関西で宝くじ当選者が出ている神社...

オリオンツアーのクーポンコード入手方法は?北海道から沖縄まで格安の国内...

【夢占い】雷が落ちる夢の意味は感情の爆発!?徹底解説!...