pairsの退会方法!気になる退会とブロックの見分け方もご紹介

pairsの退会方法!気になる退会とブロックの見分け方もご紹介

利用している人も多い、人気のマッチングアプリ・pairs(ペアーズ)。使い方も便利で簡単なので、実際に出会いに恵まれた人も多いかと思いますが、「思ったより出会いがないから退会しようかな」と考えている方もいますよね。また、素敵な相手との出会いがあったあとはアプリを利用する理由もないので、退会を考えるかと思います。今回は、pairsの気になる退会方法を解説します!

pairs(ペアーズ)アプリの登録退会をする方法とは?

pairs(ペアーズ)に登録後、アプリをアンインストールする前に退会手続きをする必要があります。Pairs(ペアーズ)の登録退会方法には、課金している場合には2つの手順があります。1つ目は、月額課金を停止する「解約」、そして2つ目はサービスからアカウントを削除する「退会」です。ペアーズアプリの登録を解除して退会する方法は、この2つの手順それぞれについて知っておかなければいけません。

pairs(ペアーズ)アプリの退会方法!正しい手順でしっかり退会しよう

pairs(ペアーズ)に限ったものではありませんが、マッチングアプリの解約には注意が必要です。何故なら、マッチングアプリの大半が、多かれ少なかれ課金の必要があるから。まず、有料プランの解約を行ってから、退会の手続きを行いましょう。

ペアーズアプリの登録退会方法・有料プランの解約編

まず、有料プランの解約の手順を解説します。設定アプリを開き、画面上部にあるユーザー名をタップしましょう。遷移したページで自分のIDと名前を確認することができます。画面中部のiTunesとApp Storeの表示をタップしましょう。上部に自分のAppleIDが表示されたら、それをタップ。自分のアカウント情報が表示されるので、ページ下部の「登録」をタップしましょう。現在有料機能が利用できるアプリが一覧で表示されるので、pairs(ペアーズ)のアイコンをタップしてください。画面下部に、「登録をキャンセルする」と表示されるので、それをタップ。「キャンセルの確認」をタップすれば、解約の完了です!なお、有料アプリは「月額」契約になっているので、解約後も有効期間内限りは有料プランでの機能を利用することができます。

ペアーズアプリの登録退会方法・無料会員の退会の注意点は?

無料会員の場合の退会方法ですが、まず退会前に注意点を確認しておきましょう。まず、一度退会してしまうとアカウントを復旧できないということを意識しましょう。交流のあった異性には「退会したユーザー」として表示され、退会後1ヶ月間は再登録できません。「またあの人とやり取りしたい」と思っても、やり取りしたメッセージもなくなってしまうので、気をつけましょう!

ペアーズアプリの登録退会方法・無料会員は退会前に情報を削除して!

まずペアーズアプリを退会する前に、個人情報を削除しておくことが必要です。アプリに情報が残っていると個人情報流出などの点からも心配なので、まずデータを消しておくことをおすすめします。画像も消し、自己紹介は「あああ」などに変えます。プロフィールもなるべく全ての項目を「選択しない」にしましょう。自分の名前の変更も、忘れずに削除して、意味のない英字列などにしましょう。

ペアーズアプリの登録退会方法・無料会員の退会編

いよいよ退会手続きです!まず、ページ下部の方の「その他」タブから「設定」をタップ。画面が遷移したら、画面中部まで進みます。すると、お問い合わせカテゴリが表示されるので、「選択してください」から「退会」を選択して「完了」をタップしてください。「退会手続きの画面へ移動します よろしいですか?」とメッセージが表示されたら、「はい」を選択。これだけで退会完了です!

ペアーズに登録できない!その原因とは?

続いては、ペアーズに登録できないときの原因について解説していきます。

ペアーズに登録できない原因は?

ペアーズから退会する方法を確認してきましたが、「pairsに登録できない!」とお悩みの方もいますよね。
pairsに登録できない主な原因は2つ。それは、「Facebook認証ができない」「Facebookの年齢設定が間違っている」の2点です。

ペアーズに登録できない原因①Facebookの友達人数が10人以下

ペアーズに登録できない理由のひとつに、Facebookでの友達人数が10人以下であることが挙げられます。
pairsはFacebookとの連携で利用できるアプリ。ですが、友達の人数が10人未満の場合は登録することができません。まずはFacebookの友達募集などを利用して友達を増やしてみてくださいね。

ペアーズに登録できない原因②Facebookの年齢設定が間違っている

ペアーズに登録できない原因のもうひとつに、Facebookの年齢設定が間違っていることが挙げられます。pairsは、18歳未満の人は利用できません。Facebook登録時の年齢を間違って18歳未満に設定してしまうと、登録が不可能になってしまう可能性が高くなります。また、Facebookの年齢設定は変更が不可能になっています。設定ミスで18歳未満の状態になってしまっている場合は、18歳にたどり着くまで待ちましょう。Facebookでは絶対に年齢設定を間違えないようにしましょうね。

ペアーズの利用者の退会とブロック、見分け方は?

ペアーズの退会とブロックの見分け方がわからないという人は少なくありませんね。現在では、マッチングした相手からブロックされたときは、「退会したユーザー」と表示されます。なので、退会とブロックの違いは一見わからない状態です。

ペアーズユーザーの退会とブロックの見分け方!

ペアーズの退会とブロックの見分け方は、一見するとわかりません。ですが、メッセージに「退会者を表示」という設定があるので、これを利用することで退会とブロックを見分けることが可能になります。まず、「退会者を表示」をオンにしましょう。ここで表示されたユーザーが退会者です。ですので、ここに表示されなければブロックされたユーザーということになります。

ペアーズの退会のタイミングは?

ペアーズ退会のベストなタイミングについては、女性と男性で条件が違うため、若干異なります。

ペアーズの退会タイミング、女性は?

ペアーズの退会のタイミングに迷っている、という人は少なくないようです。特に男性のように有料登録をしなくても利用することが可能な女性は、利用期限などがないので、明確な区切りがなく、退会するタイミングをなくしがちです。基本的には、相性の合う相手に出会えたタイミングで止めるのが良いでしょう。

ペアーズの退会タイミング、男性は?

男性の場合、ペアーズの退会は有料会員だと思います。その期限がきた時に退会するのもタイミングのひとつです。期限が切れる前に退会しても、期限が来るまではサービスが使える状態になってしまうので、タイミングとしては好ましいでしょう。

ペアーズの退会タイミングは「相性の良い相手に出会えた時」がおすすめ!

pairs(ペアーズ)の退会タイミングとしては、基本的には相性の合う異性に出会えた時が良いでしょう。pairs(ペアーズ)は、同時に複数の人とやり取りができるサービスです。なので、決まった相手が見つかるまではついダラダラと続けてしまいがちなのですが、本当に相性の合うお相手と出会えたなら、お互いに同じタイミングでペアーズを退会すると良いのではないでしょうか。

最後に

今回はpairs(ペアーズ)の退会方法やベストな退会のタイミングについてご紹介しました。ペアーズアプリは正しい方法でしっかりと登録退会しましょう。ベストなお相手と出会えたときが、退会のタイミングとしては良いでしょう。

関連記事

ヤフートラベルをもっとお得に!ヤフートラベルの割引クーポン・クーポンコ...

Kyashリアルカードはどのポイントサイト経由がお得?使い方やキャンペ...

宝くじが当たる神社はどこ?九州・関東・関西で宝くじ当選者が出ている神社...

オリオンツアーのクーポンコード入手方法は?北海道から沖縄まで格安の国内...

【夢占い】雷が落ちる夢の意味は感情の爆発!?徹底解説!...